ライフコラム

エコノ探偵団

遺伝子組み換え作物、日本は輸入大国なの?

2014/9/10 日本経済新聞 朝刊

 「日本の食料自給率は相変わらず低いようですが、穀物や大豆は遺伝子組み換え(GM)作物の輸入が多いと聞きました」。会社員の話に探偵、深津明日香が反応した。「普段は意識していませんでしたが、調べてみたくなりました」と調査に出た。

■飼料用など 10年で4割増

 明日香は農林水産省を訪ねた。農林水産技術会議事務局の鈴木富男さん(49)に会うと「遺伝子組み換え(GM)作物は遺伝子を人工的に改変し、除草剤や害虫に強い性質を持たせた作物です」と説明を始めた。「現在、輸入や栽培のための承認は食用と飼料用それぞれ120品種を超えており、主に海外種子メーカーの日本法人が承認を得ています」と話した。

 調査を進めると、種子メーカー世界最大手の米モンサントの日本法人、日本モンサントが茨城県河内町で農場見学会を開いていた。明日香がのぞくと、約7800平方メートルの隔離された農場で害虫に強いトウモロコシや除草剤に強い大豆が栽培されていた。GMトウモロコシは非GMより背丈が高く、害虫の侵食も見られなかった。GM大豆は雑草がきれいに除かれ、大豆の葉が生い茂っていた。

 説明にあたった同社広報部の内田健さん(35)は「GMのトウモロコシは家畜のエサに、大豆はしょうゆやサラダ油として使われています」と指摘。「収量の増加や、農薬削減による栽培費用と環境負荷の低減が期待でき、世界や日本の食料確保に重要な役割を担っています」と話した。

【関連キーワード】

遺伝子組み換え作物

ライフコラム

ALL CHANNEL