ヘルスUP

病気・医療

意思に反して便失禁 負担少ない電気療法に注目 仙骨神経を刺激し改善

2014/9/6 日本経済新聞 夕刊

大便が本人の意思に反して漏れてしまう便失禁は、生命には直接関わらないものの生活の質を大きく低下させる。国内に500万人以上の患者がいるとみられるが、恥ずかしさから受診をためらって、病気を抱えたままの人も多いという。体内に埋め込んだ装置による電気刺激で症状改善を目指す治療法が今年から保険適用になるなど、最近は治療法選択の幅も広がっている。

大阪府寝屋川市に住む60代の女性は、不意に大便が漏れる症状に悩んでいた。家族にも相談しにくく困っていたが度々漏れるようになったため、思い切って関西医科大学付属滝井病院(守口市)を訪れた。便失禁との診断を受け、半年ほど薬で治療すると、症状がよくなり、以前の生活にほぼ戻ることができた。女性を診た吉岡和彦副院長は「悩んで外出を控えたりせず、まず大腸肛門科などの医師を受診してほしい」と話す。

■高齢者に多い患者

便失禁は高齢者に多く、海外では70歳以上のうち7~8人に1人が患っているとのデータがある。また、患者の大半が恥ずかしさなどから医療機関を受診しないという国内の調査結果もある。

便失禁の主な原因は肛門を締める筋肉である「括約筋」の収縮力が弱まることだ。肛門はこの筋肉の働きで、通常はむやみに大便が漏れ出ることはない。しかし、年齢を重ねるなどして筋肉が弱まってしまう。排便しようとしない時でも、直腸内部の粘液や便が外に漏れ出す。この結果、知らないうちにパンツを汚したり、便意を感じたときにトイレまで間に合わずに漏らしたりする。

加齢のほかに、出産や外傷、直腸がんなどの手術で括約筋を損傷して発症するケースも多い。脊髄などの病気が関係することもある。指扇病院(さいたま市)の味村俊樹排便機能センター長は「受診する患者の約8割は女性だが、実際には男性患者もかなりの数に上るだろう」と指摘する。

便失禁の症状改善で、まず候補となるのが患者の負担が比較的少なく、実施しやすい方法だ。繊維分の多い野菜をとったり、アルコールやコーヒーの摂取を控えたりする。便が硬くなり漏れにくくなるなどの効果が見込める。食事の後に必ずトイレに行くよう習慣づける、トレーニングで括約筋を鍛える、といった手法も効果が期待できる。

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL