くらし&ハウス

暮らしの知恵

携帯・スマホで仕事メール、大丈夫? LINEは

2014/8/28 日本経済新聞 夕刊

仕事のメールを携帯電話でやり取りする人が増えている。スマートフォン(スマホ)が普及し外出先でもPDF、エクセルといったファイルなどを閲覧しやすくなったほか複数のアカウントを管理できるメールサービスが広がったのが主因だ。ただ携帯で使えるツールは幅広い。仕事で利用する際の注意点をまとめた。

ビジネスメールの送受信にスマホを使う人は34%――。一般社団法人、日本ビジネスメール協会(東京・千代田)が全国の男女を対象に実施した「ビジネスメール実態調査2014」(有効回答1422)によると、こんな結果が明らかになった(複数回答)。前年に比べ約4ポイント増え、従来型の携帯電話を使う人も含めると4割強を占める。

■状況伝える一文を

しかし「仕事での携帯メールの是非や、どんな使い方なら構わないかは見方が分かれている」と同協会代表理事の平野友朗さんは指摘する。仕事のメールは自社のパソコンで、社員に割り当てたアドレスを使う以外は認めない企業が多い半面、IT(情報技術)関連や中小企業などでは個人所有の携帯端末やアドレスも含めて利用を黙認する例も目立つという。

「会社員なら仕事での携帯メールの是非や利用していいツールを社内で確認することが前提」と平野さん。会社が許可すれば使っても構わないが、どんな点に注意するべきだろうか。

ビジネスマナーなどの指導をするヴィタミンM(横浜市)社長の鈴木真理子さんは「仕事で携帯メールを使うのは緊急度が高いときに限るのが無難」と話す。自分の会社が利用を認めていても携帯メールはビジネスツールとして世間で定着していないため、相手によっては失礼な対応と受け止められかねないからだ。

くらし&ハウス 新着記事

ALL CHANNEL