首相のトップセールスって 日本の何売り込むの?

2014/8/19

イチからわかる

イチ子お姉さん トップセールスって言葉、聞いたことある? 安倍(あべ)晋三(しんぞう)首相が最近、ブラジルやメキシコを訪れて、日本を売り込んできたの。
からすけ トップセールスは知らないけど、安倍首相は大きな会社の人たちと一緒(いっしょ)だったって聞いたよ。外国に行って、日本の何を売り込むの?

日本企業の受注 後押し

イチ子 安倍首相は7月下旬から8月初めにかけて、メキシコやブラジルなど中南米の5カ国を訪れたの。その時に経済界のトップ、経団連(けいだんれん)の榊原(さかきばら)定征(さだゆき)会長をはじめ、大きな会社の社長や幹部でつくる70人ほどの経済ミッション(キーワード)が一緒に行ったのよ。

からすけ 首相と社長たちが70人も。中南米までいったい何をしに行ったの?

イチ子 安倍首相は5カ国それぞれの大統領たちと会って、経済的な関係強化を話し合うでしょ。そこで、その国が計画している大きな開発プロジェクトなどに役立ちそうな、日本の会社の技術をアピールするの。そこには会社のトップがいるから、話が早いというわけ。

からすけ 海外の開発プロジェクトってどんなものかな?

イチ子 例えば、安倍首相はブラジルのルセフ大統領に深海(しんかい)油田開発(ゆでんかいはつ)で日本の技術をぜひ導入してほしいと熱心に説明していたそうよ。鉄道や道路、発電所などのインフラ整備や、油田、鉱山などの資源開発が世界中で次々と計画されているわ。

<キーワード>
 経済ミッション 大統領や首相などが海外を訪問する時につくる。中南米へはメーカーや商社、建設会社、銀行のトップや幹部が加わった。
 UAEショック 韓国の当時の李(イ)明博(ミョンバク)大統領がUAEと密接な関係を築き、日本などのライバルから巻き返して原発の受注に成功した。
注目記事
次のページ
社長も同行、資源開発など成果