伴侶・親・子…大切な人へ どんな思い伝えたい?

お盆休みは、実家に帰省する人も多いだろう。家族が集まる時は、日ごろ口にしにくいことを改めて考えてみるいい機会になる。日経ウーマノミクス・フォーラム会員らに「身近な人に聞きたい思い、伝えたい思い」を聞いたところ、配偶者や両親の本音を知りたいという声が多かった。

普段言えない感謝・幸福感

思いを聞きたい人を問うと回答トップは「伴侶・恋人」で「母親」「父親」が続いた。聞きたい内容は「夫に、幸せな人生だったか」といった具合に「対象の人は幸せかどうか」が最多。

一方、「ボルネオに行っていた父親の戦争体験」(50代男性)など核心に触れるものや「介護が必要になったときの対処」(20代女性)、「墓と仏壇の管理」(40代女性)、「親の財産」(40代女性)といった金銭にまつわる具体的なことを聞きたいという声もあった。

思いを伝えたい人が誰かとの質問への回答は「子ども」「伴侶・恋人」「母親」の順だった。伝えたい内容では「息子へ自身の人生を優先していきてほしい」(50代女性)など、「自分が対象の人に対して持つ希望」と「自分が幸せかどうか」が多かった。

ただ、実際に思いを伝える準備をしているかを聞くと、していないという人が8割を超えた。準備をしているという人も「普段の会話」や「日記やブログ」が中心で、専門家によると必ずしも適切な準備とは言い難いという。

人生の最期に向けた整理「終活」のアドバイザー、吉川美津子さんによると日記は「のこされた家族は勝手に見ていいのか迷い、必ず読まれるとは限らない」(吉川さん)ことが問題。不特定多数が見るブログは身近な人への個人的な思いを記すには向かない。