甘酒で夏を元気に 炊飯器で手作り、料理にも活躍

「あま酒の地獄もちかし箱根山」。火山活動でもうもうと煙が立ち上る神奈川県の箱根、大涌谷を見て詠んだ与謝蕪村の夏の句だ。江戸時代、甘酒は夏の飲み物として親しまれたという。米麹(こうじ)を原料とする甘酒は必須アミノ酸やビタミン類が豊富。自宅でつくる方法や料理への活用法を聞いた。

米麹+炊飯器で手作り

甘酒教室で2種類の甘酒の飲み比べをする参加者(東京都目黒区)=写真 編集委員 塩田信義

「甘酒は飲む点滴、飲む化粧品ともいわれています」。7月、一般社団法人日本発酵文化協会(東京都目黒区)が甘酒教室を開いた。甘酒の成分や発酵の仕組みを説明する講師の奥田涼子さんの言葉に、興味を持って集まった13人の参加者がうなずいた。

甘酒といえば体を温めるために冬に飲む印象が強い。だがここ数年、夏にも親しまれるようになってきた。森永製菓の缶入り飲料「冷やし甘酒」が代表だ。

健康的なイメージと手軽さが受け、2013年6~8月の出荷額は3年前の同期実績の7.5倍。神田明神(東京都千代田区)の鳥居脇にあり、甘酒や納豆などを扱う老舗、天野屋も「夏の注文が増えている」(天野亀太郎社長)という。

天野屋の甘酒=写真 編集委員 塩田信義

甘酒は酒ではないので自宅でつくってもよく、最近は手作りしたいという人が増えているという。東京都中野区に住む30代女性は「発酵食品で体にもいいと聞く。3歳の子どもに飲ませるために手作りに挑戦したい」と教室へ参加した。

甘酒は米麹と水だけでつくるものと、酒かすに砂糖と水を加えるものの2種類がある。前者は古くからの製法で、餅米やかゆを加える場合もある。アルコールは含まない。後者は戦後の復興期、米や米麹が入手しづらかった時の代替案が広まったものとされる。

米麹でつくる甘酒には100以上の酵素のほか、アミノ酸やビタミン類、麹からしか生成されないコウジ酸などが含まれる。このような成分が腸内環境をよくしたり脳を活性化したりするほか、美肌、疲労回復によいといわれている。

注目記事
次のページ
甘味料・漬け床に活躍