手土産・会話… 夫の実家に帰省する時の注意は

夏の帰省の時期がやってきた。自分の実家なら気楽に行けるが、夫の実家となると何年たっても気を使う。手土産は何がいいか、自分の行動があっているのか、迷うことも少なくない。夫の実家に帰省する時の心得を知って、緊張しすぎず、楽しく過ごしたい。

手土産、好みを情報収集

「夫の実家に帰省するが、いつも手土産に悩む」と、東京都在住の会社員の女性(42)は言う。気の利いたものをと思うが、結局、無難そうなお菓子に。義父母は喜ぶが、本心かは疑問だ。

「お茶を出す振る舞いも相手を思って」と教えるマナー教室の近藤珠實さん(東京都千代田区の「清紫会 新・作法学院」)=写真 高井潤

「まず夫に義父母の好みを聞いて」というのは「清紫会」新・作法学院(東京都千代田区)学院長の近藤珠實さん。「相手の嗜好や生活の情報を収集して、考えることが大事」と言う。それが気をつかうこと、つまりマナー。今後のために、義父母に会った際、雑談から好みを探るのもいい。

手土産にしやすいものは、食べ物、飲み物。自分の住む地域の名産品や評判のお取り寄せ物も手だ。小分け可能なもの、日持ちがする物も重宝する。目安は4千~5千円。仏壇にお供えするかは相手が決める。

マナースクール「ライビウム」品川(東京都港区)代表の諏内えみさんは、「持病があったり、健康に気をつけている方には慎重に選んで」と助言する。

渡すときは、近藤さんも諏内さんも「お好きな○○を見つけたので」「おいしいのでぜひに」など、心を込めて選んだと伝わる言葉を添えてと勧める。つまらないものと卑下しない。

とても気に入ってもらえたら「今度もこれにしますね」と定番にすればラク、と近藤さんは言う。親戚や近所への手土産が必要かどうかは、義母に必ず確認。勝手な判断は、義父母に恥をかかせることにつながる。

結婚式場選びの口コミサイトを運営するみんなのウェディング(東京都中央区)は昨夏、「結婚後の帰省に関するアンケート」を行った。気をつかうトップは手伝いの程度だった。

同社広報・IRグループの竹井真希さんによれば、「いいわよ、座っていて」と言われてどうするべきか迷う人が多いとのこと。昔の作法では、3回遠慮して4回目に「ではお願い」となったと近藤さんは言う。だから、相手の言葉をうのみにせず、2、3回は「させてください」と伝えよう。