GODZILLA ゴジラ最後をさらう貫禄の守護神

ハリウッド製2本目のゴジラ映画である。前作(1998年)とはちがい、ゴジラの形状はオリジナルを尊重して、重々しさがあるし、放射能との因縁にも重きがおかれている。

「パシフィック・リム」(2013年)のレジェンダリー・ピクチャーズが製作し、これが長篇2作目の新鋭ギャレス・エドワーズが監督した。

エドワーズの前作「モンスターズ/地球外生命体」(10年)は、低予算ながらドキュメンタリー的なリアルなタッチでスリルをもりあげた、秀逸な怪獣映画だった。あの作風はこの超大作でもかなり生きている。

発端は、フィリピン山中のウラン鉱山の陥没現象。日本人科学者、芹沢猪四郎博士(渡辺謙)が現場を視察する。何か得体の知れない巨大なものが、鉱山から密林をなぎたおして海へ出たような跡が残っている。

その海の向こう、日本の原発が、大地震のような揺れにおそわれ、事故が発生。外国人技師たちが何人も死亡。妻(ジュリエット・ビノシュ)を目の前でうしなう科学者ブロディ(ブライアン・クランストン)。

15年後。ブロディは、事故の原因をなお探りつづけている。成長して兵士となった息子フォード(アーロン・テイラー=ジョンソン)は、そんな父を変人視していたが、原発跡から出現する巨大生物を目撃する。

これがゴジラかと思うとそうではなく、ムートーという、放射能を摂取して生長した奇怪な形態の怪獣。

太平洋を渡り、アメリカで増殖しようとするムートーをはばむのが、お待ちかねのゴジラ。悪の破壊獣ムートーに対し、生態系のバランスをまもろうとする、地球の守護神という位置づけ。サンフランシスコが舞台の壮絶なたたかいがクライマックス。出番はすくないが、最後をさらう、横綱のような貫禄のゴジラが、カッコイイ。2時間4分。

★★★

(映画評論家 宇田川 幸洋)

[日本経済新聞夕刊2014年7月25日付]

★★★★★ 今年有数の傑作
★★★★☆ 見逃せない
★★★☆☆ 見応えあり
★★☆☆☆ それなりに楽しめる
★☆☆☆☆ 話題作だけど…
エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧