食費から娯楽まで割引 子育て支援パスポート制度

子育て家庭を支援するための制度は多くの自治体が用意している。中でも気軽に使えて役立つのが「子育て支援パスポート」だ。無料で配られる専用のカードを商店や飲食店、レジャー施設などで提示するだけで、料金の割引や商品券の贈呈といった優遇を受けられる。早速内容を確認し、買い物やレジャーで役立てたい。

「普段よく行くお店で割引が受けられるのが嬉しい」と話すのは、京都府で2歳の子どもを育てる専業主婦のAさん(29)。財布の中にいつも「きょうと子育て応援パスポート」を入れて持ち歩き、利用可能なショッピングモールや飲食店などでカードを提示するようにしている。最近ではチャイルドシートを自転車ショップで買うときに5%の割引を受けた。

子育て支援パスポートは全国の多くの自治体が導入している()。地域内に住み、18歳など一定年齢までの子どものいる世帯(妊娠中を含む場合も)を対象にカードを配布。子育てを応援したいとして登録した店や施設で提示すると、割引やポイント付与、商品券・景品の贈呈などを受けられる。

東京都の場合は、台東区や足立区、北区など一部の区や市が制度を運営している。カードは発行せずクーポン配布などで支援する自治体もある。「自分の住む自治体に制度があることを知らない人も多い。まずはウェブサイトや広報誌で確認してほしい」と社会保険労務士の井戸美枝さんは話す。

注目記事