女性のためのカクテル入門 お酒弱い人はロングを

バーでおしゃれにカクテルグラスを傾ける。映画のワンシーンに憧れを感じても、カクテルの知識に乏しく、何を頼めばいいのかわからないという人も少なくない。知識が無くてもなんとかなるが、基本をおさえておけば自分好みの一杯に近づくことができ、夜の楽しみも広がる。

「ショート」はアルコール強め

「カクテルを注文する時、バーテンダーに伝えるのは、その日の気分だったり、自分の好みだったり」。半年に一度のペースでバーに通う東京都内の女性(37)は、実はカクテルの種類や名前をよく知らない。いつもバーテンダーとの対話を通じ、作ってもらったものを楽しんでいる、と明かす。

シェーカーを振る大堀さん(写真左)と、(後列左から時計回りに)コスモポリタン、ブルーダイキリ、ブルームーン、フォレストクイーン、モヒート、マタドール=写真はともに編集委員 塩田信義

カクテルとは2種類以上の飲み物を混ぜ合わせてつくるドリンクをいう。基本はベースの「酒」と、フルーツやソーダ、ジュースなど他の「何か」だが、果汁のミックスジュースでも、バーで飲めば「ノンアルコールカクテル」に様変わりする。

「アルコールに弱い人はロング・カクテル。弱くても雰囲気重視の人はショート・カクテルでアルコール度数が低いものを」とアドバイスするのは京王プラザホテル(東京都新宿区)のバー「ポールスター」のバーテンダー、大堀聖直さんだ。

ロングは大きめのグラスに氷が入っており、多少時間をかけて飲んでも楽しめる。ソーダやジュースなどで割ってあるため、アルコール度数は高くない。一方、ショートは短時間で飲むよう、小さめの脚つきグラスに注がれ、アルコール度数は高めだ。

カクテルのアルコール度数は一般に20度前後が「レギュラー」、「弱め」は10度前後で、30度前後以上が「強め」という。とはいえウイスキーの水割りとソーダ割りとでは酔い方が違ってくるように、カクテルも度数だけで強弱は測れない、と大堀さん。あくまで目安の一つとして覚えておくといいだろう。

カクテルにはスタンダードなものと、その店やバーテンダーのオリジナルカクテルがある。気に入った一杯に出合ったら、スタンダードならその名前を覚えたり、オリジナルであれば、ベースの酒や他の材料を聞いておいたりすると、また次の一杯につながる。