軟らか鉛筆・浮く水着…「非力っ子」向け新市場

都市部を中心に遊び場が減り、子どもの体力が低下している。2020年の東京五輪へ向けゆゆしき問題でもあるが、そこはおもてなしニッポン。体力低下を切り口とした、書きやすい筆記具や押しやすい形状の液体ハンドソープ、スポーツ用品・サービスが相次いで登場している。非力っ子が創る「過保護」マーケットの最前線を追った。

80年代ピークに子どもの体力低下

力を入れなくても描きやすい「ポンキーペンシル」(東京都江東区)

 文部科学省の調査によると、子供の体力は1985年ごろをピークとして低下してきた。03年ごろからは文部科学省が始めた子供の体力向上推進事業の効果もあり全体としては回復基調にあるが、まだ80年代の体力までには戻っていない。

測定項目や男女で、体力の回復・低下傾向にばらつきがある。11歳で見ると、12年時点で50メートル走は99年の水準を超えているものの、11歳の男児の握力が65年以降で最低になった。一方、ソフトボール投げは11歳男児で低下しているが、11歳女児では99年の水準を上回っている。

7月4日、キッザニア東京(東京・江東)。約120人の子供が三菱鉛筆の特設ブースを訪れ、同社の色鉛筆「ポンキーペンシル」を使い、ビニールバッグに絵を描く体験をした。ビニールでも力を入れずに描け、父親と参加していた東京・板橋の近藤翠雪ちゃん(4歳)は「ママの絵が描けた」とうれしそう。埼玉県川口市から来た藤井和花ちゃん(10歳)も「描きやすくて楽しい」と話す。

前年比4割増の売れ行き

ポンキーペンシルは付着しやすい顔料を使い、多色マーカー「ポスカ」と色鉛筆の技術を採用。就学前の児童でも軽い力で紙以外のガラスや鉄、樹脂のような素材にも描ける。2011年発売だが、体験教室による認知度アップに努め、ここ1年でも前年比4割売れ行きが増えているひそかなヒット商品だ。

子どもの体力低下とともに、消費市場でも幅広い分野で変化が起きている。例えば鉛筆。ここ10年ほどで2Bや4Bといった芯が軟らかく、軽い筆圧で書ける製品の売れ行きが増している。

トンボ鉛筆(東京・北)は子供向けに芯が硬い順にHB、B、2B、4B、6Bの5種類の鉛筆を販売している。このうち、2Bの販売構成比は99年に47%だったが、13年には64%に上昇。小学校入学時に学校が2B~6Bの鉛筆の購入を推奨しているためだ。

亀井明憲商品企画部長は「握力だけではなく、字を書く上で大切な手と指をコントロールする力が低下していると考えられる」と話す。

三菱鉛筆も12年に表面に子ども向けにすべりどめを加工した鉛筆「グリッパーえんぴつ」(1ダース税抜き720円)を発売。北川貴弘商品開発部係長は「蛇口を閉めるといった日常動作が減っていることが影響している」と見る。プラスのはさみ「フィットカットカーブ ジュニア」(同400円)も大人向けを子ども向けに設計した商品だ。

液体せっけんに「すぐ出るポンプ」

文具だけではない。日用品でも子どもの体力低下に着目した商品が人気を博している。

花王が5月に既存品を改良して発売した手洗い用の液体せっけん「ビオレu 泡ハンドソープ」。改良のポイントは力が弱くても押しやすい形状のポンプ容器にしたこと。「子どもが使いやすい容器がほしい」という消費者の要望に対応した。

そこで押しやすくするため、ポンプの押す部分の直径を従来品比で2割広げた。同時に洗浄液が出てくるノズルの部分の流路を太くし、洗浄液の粘度を下げた結果、液を押し出す力も従来品比で約1割落とせたという。

同時に倒れにくいように、「同製品の容器の中で最も背を低くした」(包装容器開発研究所の内山卓己さん)。発売後、既存品を売っていた昨年に比べ売り上げが3割増えたという。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
小さくて軽いラケットでラリーが続く
MONO TRENDY連載記事一覧