働き方・学び方

イチからわかる

ウナギ、店に並んでいるのになぜ「絶滅の恐れ」

2014/7/1 日本経済新聞 プラスワン

イチ子お姉さん ニホンウナギが「絶滅(ぜつめつ)の恐れがある生き物」に指定されたわね。保護に取り組まないと地球上からいなくなってしまうかもしれないわ。
からすけ スーパーにはかば焼きが並んでいるのに「絶滅」なんて意外だな。これからは簡単には食べられなくなっちゃうの?

■捕りすぎが原因で激減

イチ子 ニホンウナギは、世界的に権威(けんい)がある国際自然保護連合(IUCN)の「レッドリスト」(キーワード)に加えられたの。

からすけ ニホンウナギって、お母さんがたまに出してくれるウナギのこと?

イチ子 そう。世界には19種のウナギがいるんだけど、日本で食べられているウナギの多くはニホンウナギね。

からすけ ところで、そのレッドリストって何?

イチ子 野生の生き物のうち絶滅の恐れがあるもの、絶滅してしまったものを載(の)せたリストなのよ。危機をイメージさせる赤を表紙に使っているわ。

<キーワード>
レッドリスト 絶滅の恐れがある野生生物のリスト。危険度に応じてランクを付ける。国際機関のほか日本の環境省や都道府県なども作成している。
ワシントン条約 野生生物を保護するため国際的な取引ルールを定めた条約。絶滅の恐れが高いと見なされると商業目的の取引が禁止される。

働き方・学び方 新着記事

ALL CHANNEL