絵はどこで買えばいい? 自宅でアート入門飾る場所や高さは

自分の部屋で絵画などのアート作品を楽しみたいという人は多いはず。一点の絵を飾るだけで部屋の印象をがらっと変えたり、自分らしさを出したりすることもできる。初めは腰が引けそうだが、決してハードルは高くない。お気に入りの絵が飾られた部屋を想像しながら、作品探しそのものを楽しみたい。

アートフェアなら気軽

アートフェアでは様々な作家の作品が一堂に(5月、タグボート・アートフェス)

5月下旬の週末、東京都港区の増上寺で開催された「タグボート・アートフェス」。境内にある建物内には約70人の現代アート作家の絵やオブジェが展示され、来場者が作家と直接話をしたりしながら気に入った作品を探していた。

来場した都内に住むダンサーの女性(27)は「自分の部屋にはポストカードを飾っているが、絵もいいなと思った。お気に入りが見つかれば1万円くらい出していいかも」と話す。

同フェスは今回が6回目。多くの作品を一堂に集めて展示・即売するこうしたアートフェアの開催数は年々増える傾向という。入場料が必要なケースが多いが、気軽に多くの作家の作品を一度に見て回れるため、自宅で絵を楽しみたいアート初心者にも最適だ。

アートフェアが増えている背景にはインターネットでアート作品を販売するオンラインギャラリー人気もある。実際に部屋に飾る絵だから実物をみておきたいという思いが起きるのは当然。冒頭のフェアを開催したタグボート(東京都中央区)も実はアートのネット通販大手。徳光健治社長は「作家と話したり実物にもふれることでアート選びの楽しさが増す」と話す。

小説のさし絵作品を展示していたミヅマアートギャラリー(東京都新宿区)

実物を見てじっくり選びたいならギャラリーや画廊に足を運んでみるのもいい。初心者にはハードルが高そうだが、絵画選びをサポートしてくれる心強い水先案内人だ。スタッフの繁閑にもよるが、初歩的な質問にも丁寧に応じてくれる。

東京都新宿区のミヅマアートギャラリーは、会田誠などの有名作家を取り扱うギャラリーだが、「実は1万円ほどの作品から幅広く紹介できます」という。最近の個展で販売した作品は一点の価格が数万円。個展では作家が会場にいることも多いので、直接話をすれば作品をよく理解できて、愛着もわく。

注目記事
次のページ
家具の色と調和とろう