足以外にも影響 体のトラブル招かぬ靴選び

おだやかな陽気に誘われ、外を歩くのが気持ちの良い季節になった。ウオーキングや野山を歩き回るトレッキングを楽しむ人も増えてきた。そんなとき、気をつけたいのが「靴」のこと。自分の足にあわないまま使い続けると、体のトラブルの一因にもなる。靴の選び方、歩き方について専門家に聞いた。

帝京大学医学部附属病院整形外科医の印南健さんは、「直接ではなくても、靴がトラブルの一因になっているケースが少なくない」と指摘する。

よく知られているのが外反母趾(し)。親指が第一中足趾節関節で外側へ変形する疾患だ。ほかにも爪が変形してしまう巻き爪や陥入爪、圧迫により強いとう痛を訴える鶏眼(魚の目)、関節が曲がって固定してしまうハンマートーなどがある。腰痛や変形性膝関節症などまで含めれば、靴も原因ではないかと疑われる疾患は数多い。

足と歩きの研究所(神奈川県横浜市)の所長で、足元から下半身のリハビリ治療を行っている理学療法士の入谷誠さんは「地面に接している足元がしっかりとしていなければ、身体のバランスが崩れる。歩行時の姿勢も乱れ、体のあらゆる所に支障をきたす原因になる。予防のためにも、靴や中敷きなどの足を包むものを見直すことが大切」と強調する。

■歩き方を点検

まず、自分がその靴で正しい歩き方になっているかを確認してみよう。

人間は歩行の際に、かかとの外側から着地し、外側側面を通って小指の付け根から内側、親指の付け根の順で着地していく。最後に、親指、人差し指、中指で、指の付け根の関節を屈曲しながら蹴り出す。

この正常歩行ができていれば、かかとはセンターに対して外側に、約45度の角度で減る。これが、がに股歩きのO脚状態では、かかとは外側に急な角度で削られる。内股歩きのX脚状態では、かかとの後ろや内側の縁が減る。使用中の靴のゆがみやインソール(中敷)のへこみ具合からも自分の歩き方や足の状態がわかる。

正しい歩き方にならない原因の中には、靴が合っていないことも含まれる。では、自分に合った靴をどう見つけるか。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
注目記事
次のページ
開帳足の痛み、パッドで軽減
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント