まずスーツの下襟を確認 失敗しないネクタイ選び色・柄・素材は…

整ったスーツ姿は仕事ができる印象を与える。中でもポイントになるのがネクタイ。様々な柄や素材からどんなものを選べばよいのか。結び方もコツがあるらしい。ネクタイ上手の基本とは……。

「スーツを着た時にシャツとネクタイがのぞくVゾーンは顔と一緒に記憶されやすく、手を抜けない場所です」と指摘するのはパーソナルスタイリストの三好凜佳さん。主に30~40代の男性にアドバイスしているが「ネクタイは本人が選ぶとワンパターンになってしまうことが多く、よく相談される」という。

では、どう選べばよいか。三好さんは「買いに行く前に手持ちのスーツの襟を確認してほしい」と強調する。スーツには標準的なタイプのほかに、襟幅の狭いモードタイプがある。この襟幅がネクタイ選びのカギだからだ。大剣と呼ばれるネクタイの幅の広い方と、スーツの下襟の幅をだいたい同じにするのが鉄則だ。

店頭には大剣が標準の8~9センチ幅だけでなく、幅6.5センチ以下の狭いタイプのネクタイも並ぶ。スーツが標準タイプなのに細いネクタイを選ぶと、実際にスーツに合わせた時に、バランスの悪さにがっかりすることになる。注意しよう。

■赤系には注意

仕事で着用するネクタイの色や柄には決まったルールはない。とはいえ、定番として持っておきたいのは「万能色の紺や青」(三好さん)だ。スーツの基本色である紺やグレーに合い、白や水色、薄ピンク色のシャツにも合わせやすい。

一方、気をつけたいのは赤系。重要な商談や会議に赤色のネクタイを着用する人がいるが、「赤は色味によっては肌の色に合わないことがある」と三好さん。赤に限らず少し派手と感じる色を選ぶ時は全身を鏡に映してネクタイが浮かないかを確認しよう。

柄は小さい水玉や小紋なら、まず失敗しない。柄は大きいほどカジュアルな印象になる。大事な場面で大きな柄を選ぶのは慎重にすべきだ。

注目したいのは無地。伊勢丹新宿本店(東京・新宿)紳士・スポーツ営業部の東俊秀さんは「最近は無地がブーム。ストライプのシャツなどとシンプルに着こなすのがおしゃれ」と話す。