くらし&ハウス

暮らしの知恵

名刺交換で印象アップ 目線定めて動作丁寧に

2014/4/17 日本経済新聞 夕刊

名刺交換する機会が増える新年度。きちんとしたマナーを身につけ初対面で相手に好印象を残せば、その後の付き合いもうまくいく。ビジネスの基本動作である名刺交換の所作を点検しよう。

「名刺は、これからの長いおつきあい、どうぞよろしくお願いします、という意味で相手に差し上げるもの。名刺はその人の分身であるとも言われる」と話すのはNPO法人、マナー教育サポート協会理事長の岩下宣子さん。ポイントは相手を大事にするという気持ちを、どう表現するか。そのために必要なことを、順を追って考えていこう。

まず、最初にすべきなのは、訪問前に相手に渡す自分の名刺を確認すること。少しでも角が折れていたり汚れていたりすると、受け取った人はとても気になるもの。名刺が汚れないようにきちんと名刺入れに収納しておくことが大切だ。

次に、実際に手渡す場面。「まず立ち位置が大切」と話すのは、話し方・マナー講座を運営するKEE'S(キーズ、東京・渋谷)の社長、野村絵理奈さん。かばんなどを持っていたら置いて、両手をあける。相手と1メートルほど距離をとり、お辞儀をしてから一歩前に出て名刺交換をする。「適度な距離を取ることで、きちんとお辞儀ができ声もはっきり出せる」(野村さん)

名刺は名刺入れにのせて、相手に渡すのが基本だ。自分の名刺を渡してから、相手の名刺を受け取る丁寧な方法もあるが、「ビジネスの場では同時交換がスマート」(岩下さん)。

同時交換する時は、名刺入れにのせて差し出した自分の名刺を、相手にぶつからないように半円を描くようにして相手の名刺入れにのせる。ほぼ同時に反対の手に持った名刺入れで、相手の名刺を受け取る。名刺を渡した手を受け取った相手の名刺にすぐに添え、両手で持つのがポイントだ。

名刺交換と同時に、忘れてはならないこともある。名乗ることだ。自分の会社名と名前を名乗り、名刺を受け取ったら相手の名前を声に出して確認する。例えば「〇〇社の三角太郎と申します。××さんですね。よろしくお願いいたします」という具合だ。

岩下さんは「名前を呼びかけると、しっかり記憶できるし、相手が受ける印象も良くなる」と話す。

くらし&ハウス 新着記事

ALL CHANNEL