皿の使い回しはNG 立食パーティーのマナー

歓迎会や発表会、結婚式の2次会などで、立食形式のパーティーに出席する機会は多い。気軽なイメージがある立食だが、気をつけないと周りの人に「恥ずかしい自分」を見せてしまうことも。立食でおさえておくべきマナーは何か。スマートに振る舞うポイントをまとめた。

共に楽しむ 忘れずに

いざ参加した立食パーティー。テーブルには料理がずらりと並び、会場内には小さなテーブルが配置されている。どう振る舞えばいいのか、困惑した経験のある人も多いだろう。

「食輝塾」主宰で立食のマナー講座などを手掛けるフードプロデューサーの小倉朋子さんは「まずは料理の取り方に気をつけよう」と助言する。

1つの皿に大盛りにしたり、好きなものだけ取り分けたり、人の分まで取ったり。「着飾った人が大盛りの皿を抱えているのはあまりスマートではない」と小倉さんは指摘する。

ホテルニューオータニ(東京都千代田区)のビュッフェレストラン「ビュー&ダイニング ザ・スカイ」の安藤秀樹支配人は「自分で料理を取るビュッフェ形式の食事の場合、着席でも立食でも前菜から順番に食べるのが基本」と話す。いきなりメーン料理に手を付けたり、デザートに向かったりするのは避けよう。

料理は少量ずつ盛りつけ

1つの皿に盛りつける量には気をつけたい。「一皿には3~4種類までにとどめ、冷菜と温菜は別の皿にするなど、盛り付け過ぎないように」(安藤支配人)。大量に取ったり、同じ物ばかり取り分けたりしてしまうと、他の人の迷惑にもなる。料理を食べるのは自分だけではないことを意識しておこう。

食べ終わった皿の使い回しは厳禁だ。つい「まだ使える」と思ってしまいがちだが、日本ホテル・レストランサービス技能協会(東京都千代田区)のテーブルマナー委員、宮沢裕城さんは「ビュッフェの場合、何度皿を取り換えてもマナー違反にはならない。むしろ汚く食べる方が失礼に当たる」と指摘する。

注目記事
次のページ
食事よりも交流を