産前・産後ママの孤立防げ 広がる支援の取り組み

妊娠した女性を、出産の前後にわたり支援する取り組みが広がっている。産科病院や助産院がきめ細かく相談に応じ、出産や育児の準備を手助け。病院や自治体と組み、女性に向けたメール配信を手掛けるNPO法人もある。少子化が進む中、女性の不安を和らげる「産前・産後ケア」の大切さが改めて見直されており、政府も支援に乗り出すなど官民挙げての動きになりつつある。
わこう産前・産後ケアセンターはベビー・マッサージ講座など出産後の女性の孤立化を防ぐプログラムを企画(埼玉県和光市)

「赤ちゃんのおなかを触って温めてあげると、自律神経のバランスも整うんですよ」――。今年1月末、わこう助産院の産前・産後ケアセンター(埼玉県和光市)。専門の講師による出産後のベビー・マッサージ講座は、参加した母親同士や子供との触れ合いで明るい雰囲気に包まれた。

産前・産後ケアセンターは2011年に開設。地域に溶け込めず、核家族化や夫の転勤などもあり、出産・育児で孤立しがちな女性の支援を目的とする。木曜を除き、連日、様々な有料プログラムを企画。ベビー・マッサージ講座もその一つだ。同講座に参加した女性(34)は「子育てが大変でも、ここに来てお母さん同士で話せば心がまぎれる」と話す。離乳食やアロマの教室にも参加し、育児の知識を得るだけでなく母親同士の交流を楽しみにしているという。同センターの代表理事を務める助産師の伊東優子さんは「産前・産後はホルモンのバランスが崩れ、マタニティーブルー、産後うつ病などで引きこもりになりやすい」と指摘する。

わこう助産院では、出産後に育児を助ける人が近くにいなかったり、子供の夜泣きで眠れなかったりする母親には、産後ケア入院を勧める。授乳の合間に子供を預かって体を休めてもらいながら、助産師が付き添って入浴など世話の仕方を指導する。センターや助産院の利用件数は12年度で計約3500件と、前年度から約3.5倍に増えた。伊東さんは「地域社会の絆が薄れる中、同じ境遇同士が集まれる場所として、心のよりどころになっている」と分析する。

水口病院(東京都武蔵野市)は昨年11月から、健診で訪れた妊婦に助産師が相談に応じる無料サービス「バースアドバイザー」を始めた。医師の診察の後、助産師がカルテで健康状態を確認しながらアドバイス。内容は妊娠の時期に合わせて変え、初期なら流産の予防やつわりへの対処、中期なら体重のコントロールの方法などを助言する。出産後の1カ月健診まで、一貫して妊婦に寄り添う。

担当する2人の助産師は、助産の経験は豊富ながら妊婦と世代がほぼ同じ30歳代で、「気さくで話しやすい」と好評だ。バースアドバイザーの目的は安全な出産に向けた保健指導だが、「悩みを聞いてほしいという人が多く、話をよく聞くよう注意している」(坂田陽子さん)「出産はつらいとの印象を持つ人が多いが、正しい情報を提供することで楽に過ごしてもらいたい」(川辺英代さん)という。

次のページ
相談・宿泊環境の整備 モデル事業、政府も支援