犬・猫が「自分撮り」も ペット撮影楽しむアプリ

ペットが時折見せてくれる愛らしい表情に癒やされている人は多いだろう。そんな「とっておき」の瞬間を写真に残したいと日々奮闘する方々のために、スマートフォン(スマホ)で楽しみながら写真が撮れるアプリを探してみた。気まぐれなペットの撮影チャンスを逃さない仕掛けやSNS(交流サイト)を通じて写真を見せ合う機能などが充実している。

「愛犬の写真を同じペット好きの人に褒めてもらえるのがうれしい」。都内在住の高橋澄枝さん(56)は自宅で飼う2匹の愛犬の写真をペット専用のSNS「パシャっとmyペット」に投稿している。

■登録13万匹

効果音を使ってカメラ目線の1枚を撮ってみては

SNS上にはイヌやネコ、ハムスター、爬虫(はちゅう)類まで約13万匹のペットが登録されており、飼い主が撮った写真が毎日4000~5000枚投稿される。サイバーエージェントがこのサービスを始めた2012年8月から約1年半で利用者の数は16万人を超えた。

「自分のペットを自慢できる場は意外と少ない。このアプリなら、飼い主が思う存分『親ばか』ぶりをアピールできる」。アプリ運営を統括する中出恵利花プロデューサーは人気が広がった理由をこう分析する。

利用者は互いの愛犬や愛猫の写真を共有し、気に入った写真には、米フェイスブックの「いいね!」にあたる「キュン」を送る。「私の愛犬に『キュン』を送ってくれた人に『キュン返し』してペット好きの輪を広げていくのも楽しい」と高橋さんは話す。

動き回るペットの写真をうまく撮るのはなかなか難しい。こっちを見てくれたと思ってシャッターを押しても、あっという間に別の方向を向いてしまっていい写真が撮れない――。そんな悩みを解決してくれるアプリが「撮る猫」だ。シャッターを押す前後数秒間の写真を表示し、その中からきれいに撮れた一枚を選ぶことができる。

アプリを起動すると自動的に撮影機能が働き、一定間隔で写真を撮り続ける仕組みになっている。画面中央のネコのイラストをタップすれば、ネコの鳴き声が鳴り、ペットの気を引くこともできる。

「疑似音」作戦に特化したアプリが「CatShot!」だ。イヌ、ネコ、セミの鳴き声や、掃除機の音など事前に選んだ効果音を鳴らしてペットの注意を引きながら、撮影ができる。自分のペットの好みに合わせた音を新たに録音して効果音として登録できる機能もある。埼玉県の女性(41)は「効果音も様々で、音の質もいい」と話す。町や公園で見かけた猫をかわいく撮るのにも使えそうだ。

MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧