震災時、避難できる? 「防災ピクニック」で体験

地震や洪水などの災害への備えはできているだろうか。避難バッグに防災グッズや非常食を詰めていても、いざというときに使えるかどうかは別問題だ。避難バッグを背負い、自宅から避難所まで歩き、目的地で非常食を食べる「防災ピクニック」を実践してみるのはどうだろう。
危険な箇所がないかチェックしながら避難経路を歩く(写真右端)。非常食を調理して試食(川崎市)=写真 編集委員 塩田信義

避難経路や非常食確認

川崎市に住む菅崎直子さん(34)は自宅に備えていた防災リュックを試しに背負ってみて、がくぜんとした。生後8カ月の11キロの次女を前に抱えながら、5キロを越える荷物を持って長距離を移動するのは無謀だと思った。「夫が不在のときに被災したらと思うと……。中身を見直します」

NPO法人「ママプラグ」(川崎市)は東日本大震災で被災した母親へのヒアリングを通して、普段から実践できる防災対策を提唱している。

その一つが「防災ピクニック」。避難バッグを背負って子どもを連れ、自宅から避難所まで歩き、そこでお弁当の代わりに非常食を試す。「避難時に本当に必要なものが見えてくる」と理事長のロー紀子さんは話す。

10月末、秋晴れの下でママプラグ主催の防災ピクニックが開かれた。参加者は大人6人、未就学児4人。避難を想定して集合場所から10分弱歩き、多摩川河川敷(広域避難場所)に向かった。

途中でブロック塀や角がはがれた看板などがあった。「地震が発生したら凶器になり得るものがある場所は事前にチェックしたい」とローさん。

目的地に着くと持ってきたものを見せ合う。冬の必需品である防寒シートを点検。商品によっては破れやすかったり、なかなか体が温まらなかったりする。「避難リュックに入れ忘れていたので気付いてよかった」と参加者の勝呂芽育(40)さんは胸をなで下ろした。

非常食は持ち寄ったものを食べる。缶詰パンは子ども受けが良く、つゆ入りのソバはキャンプ用コンロを使って5分以内に出来上がった。非常食は自分の口に合うものを備えるのが理想。「人数が多いほど、いろいろな種類を試すチャンスになる」(ローさん)

次のページ
リュックの中身見直し