働き方・学び方

イチからわかる

自動運転車、実用化の取り組みは何のため?

2013/10/16 日本経済新聞 朝刊

からすけ ハンドルもブレーキも機械が自動で操作(そうさ)してくれる「自動運転車」をニュースで見たよ。みんなが乗る時代がくるのかな?
イチ子お姉さん ふつうの道路や高速道路でも車の自動運転の実験が始まっていて、実用化に向けた取り組みが進んでいるのよ。

■人工知能の開発が課題

 からすけ 自動運転車はテレビとか電気製品の見本市で走ってたよ。

 イチ子 自動運転の車は、障害物をいち早く見つけるカメラやセンサー、その時々の交通状況に応じてどう走ればいいかを判断する人工知能の技術に支えられているの。電機(でんき)やIT(情報技術)の分野ととても関係が深いのよ。

 からすけ 人間よりも上手に運転できるの?

 イチ子 見本市で公開されたのは日産自動車の自動運転車ね。高性能(こうせいのう)カメラとレーザースキャナーを5台ずつ載(の)せて、車の周り360度を常に見張(みは)っているそうよ。人間の目は同時に前後左右を見られないし、運転席からはどうしても見えない死角もあるわよね。周りの状況を「知る」ということについては人間より優(すぐ)れているわ。

【関連キーワード】

交通事故自動運転車

働き方・学び方

ALL CHANNEL