通勤電車・昼休み… スマホで手軽に映画三昧配信アプリ、定額で見放題も

スマートフォン(スマホ)で手軽に映画や海外ドラマを見ることができるアプリが増えている。日々の多忙な生活のなかで90分~2時間程度の映画を見る時間を確保するのはなかなか難しい。モバイルの高速通信網「LTE」が普及し、スマホでも安定して動画を楽しめるようになってきた。通勤途中や休憩のちょっとした空き時間を活用するなかで、生涯忘れられない名作に出合えるかもしれない。

9月下旬のある日、横浜の職場で仕事を終えた会社員の古橋彩奈さん(27)は足早に帰路についた。電車に乗り込むやいなやポケットから取り出したのは米アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」。動画配信アプリを立ち上げ、職場から自宅までの約1時間、お気に入りの海外ドラマ「ゴシップガール」を楽しんだ。

■海外ドラマも豊富

「Hulu」は月額980円で1万本が見放題だ

古橋さんが愛用しているのは、月額980円で約1万本の中から見たい作品を選べる「Hulu」(フールー)。海外ドラマが豊富なうえ、「何本見ても同じ値段」というシンプルな料金体系も気に入っている。

「Hulu」は米動画配信大手。2007年に設立、日本では11年にサービスを始めた。日本の利用者数は未公表だが、米国の有料会員は400万人を超える。独自のラインアップが特徴で、フールージャパンのマネージング・ディレクター、バディ・マリーニ氏は「作品の質にこだわっている」と話す。

世界の映像配信会社から直接作品を買い付ける。英国放送協会(BBC)と契約して独占配信したドラマ「Misfits」(ミスフィッツ)は「5月の視聴回数で首位だった」(マリーニ氏)。9月には東宝とも契約し、「世界の中心で、愛をさけぶ」など20作品を加えた。

「新作の映画をいち早く楽しみたい」という人におすすめなのが「TSUTAYA TV」。4万本を超えるタイトルのうち新作は1万本。店頭で借りるのと同じように、期間内なら最新の映画やテレビドラマがスマホで楽しめるのが特徴だ。

MONO TRENDY連載記事一覧