歌舞伎座10月公演「義経千本桜」当代あたう限りの顔合わせ

「義経千本桜」は平知盛、いがみの権太、狐忠信の3人の物語を義経という心棒が貫く構成になっている。開場半年目の歌舞伎座は、この壮大な劇を当代あたう限りの顔合わせで見せる。

知盛は吉右衛門。平家の勇将のスケールを時代物ならではの骨格、音(おん)遣い巧みなセリフで間然するところなく表現する。芝雀初役の典侍(すけ)の局(つぼね)の情のこまやかさ。歌六、又五郎、錦之助の堅実な助演ぶり。

権太は仁左衛門。脚本を緊密に読み解き、上方に伝わる型を基盤に自身の工夫も加え、生動感あふれる舞台を作り上げた。孝太郎のお里が大健闘。時蔵の弥助は本体の維盛になってからが本領。歌六の弥左衛門のただの爺(じい)役に終わらない気骨。梅枝の小金吾の憂愁。我当、東蔵、秀太郎、竹三郎とベテランたちが脇の要衝をしめる。

忠信は菊五郎。「吉野山」で花道からセリ上がった一瞬で勝負あったと思わせる絶対の仁(にん)の良さ。「川連館」ではケレンがかった動きをエッセンスだけにとどめ、少ない動きで多くを語らせる。一方、本物の忠信の立派さ。静は「吉野山」は坂田藤十郎。役者の貫禄で見せる。「川連館」は時蔵。赤姫姿が映えて、まさに立女形の趣。彦三郎の川連法眼がその人のよう。

以上の全編を貫いて梅玉の義経が流浪する貴人の哀感をもって、それぞれの場をタイトルロールとしての余韻をもって締めくくる。

序幕の「鳥居前」だけは花形が受け持つ。菊之助の義経の凜然(りんぜん)たる爽やかさ。松緑の狐忠信の荒事の稚気。亀三郎の弁慶、亀寿の笹目忠太の堅実さ。この場の静は梅枝だが、もう少し凜としたい。25日まで。

(演劇評論家 上村 以和於)

注目記事
今こそ始める学び特集