高齢者の味方「訪問歯科」 厚労省も普及に本腰高まる口腔ケアのニーズ

高齢化に伴い、外出が難しいお年寄りを対象にした「訪問歯科」の必要性が高まってきた。虫歯や歯周病など通常の治療だけではなく、口の中を清潔に保つなどの口腔(こうくう)ケアを担う。肺炎予防など健康維持の効果に関心が高まる一方で、ニーズに対する歯科医はまだまだ不足している。介護が必要な高齢者が増える中、厚生労働省などは「訪問歯科」の普及に本腰を入れ始めた。
男性の自宅で治療をする歯科医の秋本さんと、歯科衛生士の石岡さん(7月、神奈川県海老名市)

神奈川県海老名市の住宅街。歯科医、秋本広太さん(30)と歯科衛生士の石岡実記さん(38)が男性(83)宅に入っていった。「おはようございます。お口を開けてくださいね」。秋本さんはそう言って、早速、ピンセットや簡易ライトなどをポータブルの治療機器から取り出し、男性の口の中のチェックを始めた。

■自宅の椅子で

最近、物をうまくかめなかったり、入れ歯の隙間に食べかすが挟まったりするため、入れ歯の金具の交換などの治療を30分ほど受けた。男性は「自宅の椅子に座っているだけで済み、助かる」と喜んだ。

男性は認知症で要介護2。心筋梗塞も患う。今年5月、口内にたまった細菌が誤って気管に入る「誤えん性肺炎」で入院。口腔ケアの重要性を知り、訪問歯科を受けるようになった。治療で入れ歯を固定したためかめるようになり、食事中にせき込むことがなくなったという。今後は、口の中の細菌除去や清掃方法の指導をする「口腔ケア」や、食べ方を訓練する「口腔リハビリ」に移る。

秋本さんが訪問歯科を始めたのは、2011年秋。きっかけは高齢者を中心に再診患者が徐々に減ったことだ。当初1カ月に2人程度の患者数は全体の約1割に当たる約70人に増えた。「昔の思い出話などで打ち解けてもらい、治療が進むように気を配る。好きな物を食べられるように手助けしたい」という思いだ。

「訪問歯科」は病気などで通院治療が困難な患者が対象で、ニーズは自宅だけではない。高齢者の小規模施設「グループホーム花みず木」(東京・世田谷)の一角は毎週1回、即席の“歯科診療室”に変わる。近くで歯科医院を開業している歯科医の百瀬智彦さん(35)らが訪問。歯石取りや歯を磨く口腔ケアのほか、入れ歯の調整、虫歯治療などにも当たる。百瀬さんは「健康に過ごすには口の中が大切。生えた歯を守りながら、生涯、口からしっかり食べられるようにサポートしたい」と話す。ホーム長の加納美津子さん(63)は「普段からの歯磨きの大切さなどスタッフの意識が変わった」と歓迎する。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント