歌舞伎座こけら落とし9月公演至難の作品に立ち向かう

花形一座による今月の歌舞伎座が大胆な企画を立てた。昼の部は至難とされる「新薄雪物語」の通し。これほど歌舞伎らしい趣向に満ちた作品もない半面、演者それぞれ、芸にも身体にも豊かな歌舞伎味が求められる。なまじな近代的解釈など受け付けない。大ベテランの大一座でないと成果が挙がらないとされるゆえんだ。次代を担う花形だけの一座でそれに立ち向かう。結果は予測を上回る大健闘。不足を言えば切りがないが、今のこの成果は末頼もしい。

歌舞伎らしい華やぎに満ちた序幕「清水寺花見」の場。恋の取り持ちをする七之助の腰元・籬(まがき)と梅枝の薄雪姫が長打一番の三塁打。海老蔵の大敵・秋月大膳、華やかな殺陣を繰り広げる愛之助の奴・妻平、恋する男の代名詞のような勘九郎の左衛門と、いずれもその役らしい風情を身に付けている。そのことが、この芝居では何より肝心なのだ。

「詮議」から「合腹」の場は大人たちの肚(はら)で見せる芝居。若手には至難の場面だが、染五郎の兵衛、菊之助の梅の方、松緑の伊賀守、吉弥の松ヶ枝といずれも役にはまって、若い2人のために父親同士が腹を切るという皮肉な趣向が明確に見えて来るのがいい。海老蔵もう一役の葛城民部も捌(さば)き役としての肚を見せる。

勘九郎・七之助による小味な舞踊「吉原雀」は大曲の後のデザートとして結構な味。

夜の部は夢枕獏の小説を歌舞伎化した新作「陰陽師」の一本立て。新作品の創造も歌舞伎が現代に生きるための車の半輪だが、まずは当面の任は果たしたか。染五郎の安倍晴明と勘九郎の源博雅のコンビがいい味を見せる。海老蔵の将門の怨念、愛之助の興世王(おきよおう)の悪など熱演だが、演出が少しくどいのが難。25日まで。

(演劇評論家 上村 以和於)