マスキングテープで手作りアルバム 額縁や立体物も

デジカメやスマートフォン(スマホ)で撮影した写真を、昔のようにプリントして、アルバムに貼る女性が増えている。カメラ用品や文房具の売り場には、カラフルなアルバムやマスキングテープがずらりと並ぶ。上手に利用して、今年の夏の思い出を1冊のアルバムにまとめてみては?
色とりどりのマスキングテープを使い、写真を楽しく整理(東京都世田谷区のマークス) =写真 浅原敬一郎

ちぎって貼り、手作り感

旅行が趣味の吉田有紀さん(38)は、最近、デジカメで撮影した旅先の写真をプリントして、旅行ごとに1冊のスクラップブックに収めている。カラフルなテープを使い、きれいにまとめたアルバムは「作るのも楽しい」。今では旅行後のアルバム作りも、趣味の1つになっているという。

デジカメが普及して写真はプリントしなくても楽しめるようになった。データで保存すれば場所も取らない。だが最近、わざわざプリントして楽しむ女性が増えている。

ビックカメラは2010年からスクラップブックなど、写真をプリントして楽しむための用品を扱う専門コーナー「BIC PHOTO」を展開している。

12年に開店したビックロ ビックカメラ新宿東口店では系列店最大のスペースを使い数多くの用品をそろえた。担当の谷井千尋さんによると「圧倒的に女性客が多い」。写真をアルバムに貼り、テープやシールなどで飾り付けて楽しんでいる。

彼女たちはどんな目的でプリントを飾り、アルバムを作るのか。

吉田さんのように自分の旅の記録をスクラップブックにまとめている人は多い。スクラップブックを使えば、写真だけでなく、チケットや店のレシートといった思い出の品も一緒に貼ることができる。「動物」「料理」「小物」など、自分の好きなテーマを1冊にまとめたり、気に入った写真を飾り付けて壁に飾ったりする人もいるそうだ。

谷井さんによると「プレゼントのために作る人も多い」。結婚式の写真を大きくプリントして、きれいに飾り付けて新婦へのプレゼントにする。写真をテープで貼り、お祝いを手書きで書く。そんな手作り感覚が贈る側にも贈られる側にも喜ばれている。