病児保育の施設整備、徐々に浸透 働くママを支援

病気になった児童を一時的に預かってくれる「病児・病後児保育施設」の整備が徐々に進んできた。国の後押しなどで過去4年で施設は約3割増。働きながら子育てをする女性には頼りになる存在だ。一方で、日常的なキャンセル待ちや事前予約など不便さを感じることもある。女性が働きやすい環境づくりとして、待機児童の解消だけではなく、「病児保育」の充実が一段と求められそうだ

東急多摩川線矢口渡駅前のビル2階にある病児保育施設「うさぎのママ」(東京・大田)。7月下旬、夏風邪や手足口病の1~4歳の子供計10人が保育士と絵本を読んだり、手遊びをしたりしていた。

保育士5人と看護師1人が常駐。午前8時30分から午後5時30分まで、発熱や感染症などの病気で保育園に通えない子供を一時的に預かる。利用料は原則1日2500円だ。保育士の金子織江さん(26)は「病児を預かるだけに、体温や顔色の変化など細心の注意を払っている」と話す。

■キャンセル待ち

昼寝中の子供を見守る保育士(川崎市高津区のブルーラグーン)

「うさぎのママ」は区が国の補助を受けて委託している施設で、大川こども&内科クリニックに併設した。2003年の開設以来、利用者は徐々に増加。昨年の利用者は延べ1900人超で、稼働率は90%近い。初めて利用した同区の女性会社員(33)は1人で長男(2)を育てる。「新しい会社で働き始めたばかり。子供が病気になっても休まずに済み、仕事を続ける上では心強い」と喜ぶ。同施設に長女(3)を迎えに来た同区の女性会社員(42)は「安心して預けられて、助かる。定員がいっぱいで何度か会社を休んだこともあり、いつでも受け入れてもらえる施設がほかにもあれば」。大川洋二理事長は「キャンセル待ちが日常的になっているほど、需要は大きい。働く女性には不可欠な施設」と話した。

事前予約が必要な施設が多く、急な体調悪化でも預かってもらえないケースも少なくない。こうした不便さを解消しようと、「うさぎのママ」のほか、病児保育施設「ハグルーム」(東京・世田谷)などでは、当日でも申し込みを受け付けている。