原発の安全審査って何? 新しい規制基準のポイント

イチ子お姉さん ひとつ一つの原子力発電所が安全かどうかをチェックする審査(しんさ)が始まったわ。7月に施行された新しい規制基準で審査をするのよ。
からすけ 原発って、今はほとんどのところで運転がストップしているよね。どんな基準をクリアすれば、また動かせるようになるの?

■天災やテロ、対策義務付け

イチ子 日本には原発がいくつあるか知ってる?

からすけ 「○△原発」って名前のところが10カ所以上はあったと思うよ。

イチ子 そうね。東日本大震災のときに事故を起こした東京電力福島第1原発を含めて、日本には17カ所の原子力発電所があるわ。それぞれの原発に原子炉(げんしろ)という発電装置(そうち)がいくつかあって、その原子炉は17カ所合計で54基(き)あるの。ただ、福島第1原発の4基は「廃炉(はいろ)」といって、取り壊(こわ)してもう使わないことが決まっているのよ。

からすけ ほかの原発も止まって、夏は「節電、節電」っていってるよね。

イチ子 去年の5月にはすべての原発がストップしたからね。ただ、福井県にある大飯原発の2基だけは、政府が一時的に作った基準と照(て)らし合わせて、去年の7月に再稼働をさせたのよ。

からすけ 一時的な基準で大丈夫?

イチ子 もちろん、それでは安心できないから、原発を規制する新しい政府の機関を作って、新しい安全基準を作ることになったわ。それで、昨年9月にできた原子力規制委員会が新しい規制基準を作ったというわけ。

注目記事