グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

かんたんレシピ

豚ヒレ肉のニンニク風味漬け

2013/7/23 日本経済新聞 プラスワン

豚ヒレ肉のニンニク風味漬け

夏バテ防止におすすめの一品です。ポイントは豚肉に含まれるビタミンB1。体内でエネルギーを生み出すのに必要なビタミンで、足りないと疲れがたまります。豚肉の中でも特に含有量の多い、ヒレ肉を使いました。ニンニクには、ビタミンB1の吸収をよくする成分が含まれており、最強の組み合わせとなっています。

味はすぐにしみるので、温かいうちに食べてもよいのですが、少し冷やすとより美味。肉のツルンとした口当たりが、食欲を増してくれます。ただし、長くつけておくと、とうがらしの辛味が強くなります。辛さを控えたい場合は、冷やす前にとうがらしをとり出してください。

材料(4人分 1人当たり160kcal)
・豚ヒレ肉(かたまり)300グラム
・かたくり粉大さじ1
・パプリカ(赤)1個
・サラダ油大さじ1と1/2
・万能ネギ2本
・A(ニンニク1片、赤とうがらし1本、しょうゆ大さじ2、砂糖小さじ2、熱湯100ミリリットル)

作り方(調理時間20分)

(1)パプリカは2センチ角に切ります。万能ネギは小口切りにします。

(2)ニンニクはみじん切り、赤とうがらしは種をとって小口切りにし、ボウルにAを合わせます。ヒレ肉は5~6ミリ厚さに切り、かたくり粉をまぶします。

(3)フライパンに油大さじ1/2を温め、パプリカをさっといためてAにつけます。油大さじ1をたし、ヒレ肉の両面を2分くらいずつ焼き、Aに2分ほどそのままつけておきます。

(4)汁ごと器に盛り、万能ネギを散らします。

献立の例 春雨サラダ、ナスとミョウガのみそ汁、ごはん

ひとくちメモ

つけ汁の作り方 香味野菜と調味料を合わせたところへ、熱湯をそそぎ、混ぜ合わせます。温度が上がることで、ニンニクやとうがらしの風味が立ち、パプリカや豚肉に味がしみやすくなります。

(ベターホームのお料理教室、写真は大井一範)

[日経プラスワン2013年7月20日付]

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL