夜まできれいな夏の化粧術 朝のたっぷり保湿がコツ

夏は化粧が崩れやすい。暑さで汗と一緒にファンデーションが浮き出たり、冷房の効いた室内は逆に乾燥で肌が粉を吹いたようになったり。化粧品売り場で相談したくても品数の多さに戸惑う人も多い。真夏の肌をきれいにみせるには、どうすればいいだろうか。

陶器肌派?ツヤ肌派?

夏の肌に合うファンデーションの相談に訪れる人も多い(東京都中央区の松屋銀座シャネル化粧品コーナー) =写真 松渕得之

「朝、きれいに化粧をしても、夕方にはベタついてしまう」。20歳代の会社員、西川亜未さんの悩みは化粧崩れ。7月上旬、松屋銀座本店(東京都中央区)のシャネルの化粧品売り場を訪れた。「紫外線をしっかり防ぎつつ、肌をきれいにみせるものはありますか?」

西川さんは化粧下地、日焼け止めやファンデーションが1本にまとまったBBクリームを薦められた。「化粧が薄くてすむので崩れにくく、直しも簡単」(シャネルPRの福田紘子さん)として、今夏のヒット商品になっている。

自分の肌に合うファンデーションを上手に選ぶにはどうすればよいか。

まずは「どんな肌にしたいのか、理想を明確にする」(松屋銀座本店の化粧品バイヤー、五味渕麻里さん)。ファンデーションは仕上がりで2つに分けられる。薄いベールで包まれたような「陶器肌」にしたいか、みずみずしい「ツヤ肌」か。

自分の好みで選べばよいが、ツヤを抑え、きめ細やかな陶器肌はきちんとした仕上がりがアピールできて職場向き。一方のツヤ肌は素肌のままのような自然な印象でカジュアルな洋服にも合う。好みの女優からイメージするのもよい。「陶器肌の代表なら鈴木京香さん、ツヤ肌は上戸彩さん」(五味渕さん)という。

2つめはどの店に入るか。化粧品ブランドには化粧水や美容液などスキンケアを重視している店と、アイメークや口紅など色化粧品を得意とする店がある。ファンデーションは後者の方が充実しているのでこちらの店を選びたい。売り場の目立つところにファンデーション類がたくさん並んでいるのが目安だ。品数が豊富なほど「理想をかなえる商品がある可能性が高い」(五味渕さん)。

商品にはパウダー状と液状があり、どちらも陶器肌とツヤ肌に導くものがある。店員に相談しながら決めよう。

肌との相性は、やはり自分の顔に塗ってみないと分からない。即決せずに、半日から1日過ごして、色合い、つき具合、かゆみや赤みが出ないかをチェックする。

店員には、あらかじめ「自分の肌に合うか1日試してみたい」「気になる商品があるのでサンプルが欲しい」と伝えておけば、その場で買わなくてすむ。違和感がなく、なじんでいるのを確認してから購入すればよい。

注目記事
次のページ
朝の保湿 侮るなかれ