N
アート&レビュー
舞台・演劇

歌舞伎座こけら落とし7月公演若手、大作で実力示す

2013/7/16

舞台・演劇

花形中心に変わった歌舞伎座こけら落とし興行。昼の部に河竹黙阿弥の「加賀見山再岩藤(かがみやまごにちのいわふじ)」、夜に鶴屋南北の「東海道四谷怪談」という世話物の大作にこの陣容で取り組むかと思うと、ひとしおの感慨を抱かざるを得ない。結果は見事大当たり。若手世代の伸びしろの大きさを予感させつつ、十分に実力を示した。

染五郎、松緑、菊之助が二役ずつこなす「再岩藤」は松緑の大躍進が特に目を引く。難のあった口跡が大幅に解消され、演技がツボにはまって世話物のリズム感が生動する。「鳥井又助内切腹の場」が梅枝のおつゆ、玉太郎の志賀市の健闘もあって推奨物。菊之助は尾上とお柳の方という善悪の御殿女を的確に演じ分け、実力の確かさを見せる。染五郎は大詰めの殿様・多賀大領の暗君と見せて実は名君という演じ分けが面白い。家老・安田帯刀もしっかりした仕事ぶり。愛之助の望月弾正は大敵の色気がいい。

注目記事