コーヒーは体にいいの? 一部がん・糖尿病発症抑える様々な効果、徐々に解明

コーヒーを飲むことは健康に良いのか悪いのか――。様々な成分とその作用の研究が進み、良い影響を及ぼす点が少しずつ明らかになってきた。効用を当てにして飲みたくはないが、一部のがんや糖尿病に対する予防効果は、ほぼ定まってきたようだ。他の病気との関連についても調査が進んでいる。

「コーヒーは体に良いという視点からの研究が近年、相次いで報告されるようになった」。UCC上島珈琲R&Dセンター(大阪府高槻市)で、生体におけるコーヒーの機能を調べている岩井和也係長はこう証言する。

1980年代までは「黒く焼け焦げた物質には、発がん性があるのではないか」といった疑いの目が向けられ、コーヒーは体に悪いという視点に立った報告が多かった。90年代以降、より精度を高めた検証が進み、見方ががらりと変わったという。

■「秘薬」として摂取

エチオピア原産のコーヒーは、古くはイスラム教の聖職者が「秘薬」として飲用し、400年ほど前から広く飲まれるようになった。「長く飲まれてきたからには、それなりの機能があるはず」(中桐理・UCC上島珈琲R&Dセンター長)。それがやっと科学的に明らかにされ始めた。

代表はがんの発症を抑制する効果だ。全てのがんではないが、肝臓がんや大腸がん、頭頸(けい)部がんなどでは、毎日コーヒーを飲む人の方がコーヒーを全く飲まない人に比べ、がんになりにくい傾向がはっきりしてきた。

国立がん研究センターによる肝臓がんの調査では、毎日1~2杯飲む人の発症リスクは全く飲まない人の2分の1に、毎日5杯以上飲む人は4分の1に低下した。また愛知県がんセンターの頭頸部がんの調査でも、1日3杯以上飲む人の発症リスクは1杯未満の人に比べ約40%下がった。

コーヒーには眠気を抑える作用のあるカフェインや、抗酸化作用のあるポリフェノールの一種「クロロゲン酸」など数百種類の化合物が含まれている。未知の成分も多い。カフェインは細胞を保護する役割が最近注目されており、クロロゲン酸とともに正常な細胞のがん化を抑える働きがあると考えられている。

コーヒーから様々な成分を抽出し機能を調べる(大阪府高槻市のUCC上島珈琲R&Dセンター)

クロロゲン酸は血糖値の上昇を抑える効果でも注目を集める。オランダで平均7年間、約1万7千人の男女を追跡した米ハーバード大学の調査がきっかけだ。2002年に「1日7杯以上飲む人の糖尿病の発症リスクは、2杯以下の人に比べて半分」という結果を発表。クロロゲン酸の機能が一躍脚光を浴びた。対象にしたコーヒーは薄めなので7杯は日本では4杯に相当するという。

クロロゲン酸が作用する詳しい仕組みは世界で解明中だ。UCC上島珈琲も、糖質を分解する酵素の働きを抑制して血液に含まれるブドウ糖の濃度上昇を抑えているのではないかとみて研究を続ける。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント