N
働き方・学び方
イチからわかる

取締役ってどんな権限を持っているの?

2013/7/3

イチからわかる

「株主総会(かぶぬしそうかい)を開いた」っていう記事をたくさん見たよ。社長さんとか、会社のエライ人たちがみんな出席する会なんだね。
 会社にお金を出している株主が集まって、大切なことを決めるのが株主総会。会社の取締役(とりしまりやく)を選ぶのもこの総会なのよ。

株主たちが集まり選出

からすけ 選ばれるのは取締役の人だけ? 社長は株主総会で決めないの?

イチ子 会社の中ではエライ順に社長や会長、専務(せんむ)、常務(じょうむ)、取締役というふうに呼ぶけど、実は法律で決まっている役職名(やくしょくめい)では、みんな取締役なのよ。

からすけ どういうこと?

イチ子 日本の大きな会社は株主総会で会社の大きな方針を決めて、経営の具体的な方針は取締役会というところで決めるの。取締役会のメンバーは、株主総会で決めているのよ。取締役会がある会社は3人以上の取締役をおくことが法律で定められているわ。

からすけ じゃあ、社長はだれがなるの?

イチ子 取締役会の中で決める代表者を代表取締役と呼ぶわ。社長や会長、専務、常務というのは、それぞれの会社の中で決めている呼び名。代表取締役にはその会社の社長や会長がなることが多いわね。その場合、代表取締役社長、代表取締役会長というのがちゃんとした役職名よ。

からすけ 代表取締役になると何ができるの?

イチ子 言葉の通り、会社を代表して発言することも、ほかの会社と交渉(こうしょう)することもできるわ。会社の代表として契約書(けいやくしょ)に印鑑(いんかん)を押したり、サインしたりすることもできるしね。

注目記事
次のページ
社外から迎える場合も