「機内モード」も活用 スマホ電池、長持ちさせる術

スマートフォン(スマホ)の電池の減りが、思ったよりも早いという人は多いだろう。朝、いっぱいに充電しても、夕方までもつのが限界ということもある。電池残量が少ないと、いつ切れるのか不安になる。初心者向けに、スマホの電池の減りを少しでも遅くする方法を探った。

スマホ購入時のパンフレットを見ると、連続待受時間が400時間、連続通話時間が720分など、ずいぶん長時間利用できるように書いてある。400時間は16日間、720分は12時間。長電話をしないなら1週間くらい充電しなくてよさそうに思えるが、実際はそうもいかない。ほとんど通話をしなくても電池は減っていく。スマホは通話以外の通信サービスで電池を消費しているからだ。

携帯電話会社によっては「実使用時間は約45時間」といった表示をしていることもある。2日間くらいはもつ計算になるが、それでも実感に合わない人も多いはずだ。

どうしてなのだろうか。理由の一つは利用者が気付いていない通信動作だ。例えば広告通信。無料アプリケーションのゲームなどはたいていの場合、無料の代わりに、画面に広告を表示する。広告は毎回スマホが通信をして表示するため、そのつど少しずつだが電池を減らしている。

「同期設定」も似ている。電子メールをいつでも受信できるようにする同期設定は、受信確認のために数分おきにこっそり通信している。SNS(交流サイト)のアプリや天気予報などの表示アプリにも同じような同期の仕組みがあり、バッグに入れた状態でもこまめに通信している。

仕事中、数時間、最新情報を見ないなら、同期設定のための通信は不要だ。アプリごとに設定を見直し、同期機能をオフにし、必要なときに情報を受信すると電池の減りが遅くなる。