自然なのはグレー お気に入りサングラスの選び方

日差しがまぶしい季節がやってくる。サングラスは夏に手放せないファッションアイテムだ。店頭には色や形など様々なサングラスが並び、どれを選べばよいか迷ってしまいがちだ。機能性とファッション性を兼ね備えたお気に入りの一本を選ぶための注意点を紹介する。

鼻と眉の形意識して

子どもの紫外線対策を訴えている幼稚園では、母親もサングラス着用者が多い(さいたま市の大古里 育ちの森幼稚園)=写真 編集委員 三浦秀行

「サングラスは5つあるけど、どれも周囲から変だといわれてしまう」。東京都新宿区で働く神田和子さん(仮名、46)はこう話す。それぞれの形は、大型で楕円形の「オーバル」や、チョウの羽のような「バタフライ」、小さめで台形を逆さにした「ウェリントン」など様々。レンズの色も黒、茶、紫、青、ピンクとそろえたが、どれもしっくりこない。

夏の重要なファッションアイテムでもあるサングラス。神田さんのように「似合わない」悩みを抱える人は案外多い。眼鏡ショップ「JINS」を運営するジェイアイエヌマーケティング室の中島英摩さんは「その主たる原因は鼻の高さ問題だ」と指摘する。

高さが合わないと、ずり落ちて頬でレンズを支えたり、眉がフレームの上部より大きく上に出たりする。眉はギリギリフレーム上部に重なるぐらいで、上部ラインの形状と眉の形が合っていると理想的だ。自分の鼻の高さに合わせて選ぼう。

「鼻の幅も大きな要素」。個人向けファッションアドバイスも手掛けるシモトリパーソナルスタイリングオフィス(東京都渋谷区)代表取締役の霜鳥真紀子さんは助言する。欧米人は鼻幅が細く、日本人は比較的広い。欧米人向けに作られた鼻幅の狭いサングラスを日本人が着用すると、顔の中心にレンズが寄ってしまい、顔が大きく見えてしまう失敗がよくある。