スマホの「危険」、セキュリティーアプリで守る情報流出を防止・紛失時すぐ発見

仕事や生活に不可欠な存在になりつつあるスマートフォン(スマホ)。気がつけば、小さな端末はメールや連絡先、各種パスワード、SNSのデータ、業務用アプリなど、重要な情報が満載だ。紛失や故障でデータを取り出せなくなったり、不正アプリでパスワードや内部データを盗み取られたりする危険が常にある。不測の事態で慌てる前に、スマホ向けのセキュリティーアプリを使い自己防衛しよう。

不測の事態に慌てる前にまず自己防衛

「動画や占いのアプリをインストールしたら、アドレス帳のデータを盗まれていた」「育児情報アプリを使ったら、身に覚えのないアダルトサイト利用料の請求メールが大量に来た」「ツイッターで表示されたURLをクリックしたら、ウェブブラウザーが使えなくなった」――。いずれも、国内のスマホユーザーの間で実際に起こったトラブルだ。スマホの急速な普及に合わせ、悪意ある個人や組織がスマホを標的に、不正アプリや詐欺サイトを使い個人情報を盗んだり詐欺を働いたりするケースが急増している。

■公式配信に混入

アンドロイドOS搭載スマホを狙う不正アプリは2012年末までに35万個確認されており、「13年末には100万個に達する」(トレンドマイクロ)勢いだ。

やっかいなのは、こうした不正アプリのうち、グーグルが運営する、アンドロイド向け公式コンテンツ配布サービス「グーグルプレー」経由で配信されているものが23%もある点だ。公式配信サービスに不正アプリが混入しているのでは、通常のアプリと見分けるのは難しい。

トラブルを防ぐ上で役立つのがセキュリティーアプリだ。そうと知らずに不正アプリをインストールしようとしたり、ブラウザーで詐欺サイトに接続したりする際に、注意を促し自動的に遮断してくれる。スマホ内部を定期的にウイルス検索する機能、指定した番号からの着信を遮断する機能なども備える。

もう一つの目玉機能が、スマホの紛失・盗難対策だ。

MONO TRENDY連載記事一覧