着物や和菓子で大和なでしこに 歌舞伎座で和堪能

「今度、歌舞伎に行こうよ」。たまには女性同士で「和の世界」にどっぷり浸る一日も楽しそう。思い切って着物をレンタルし、和菓子で腹ごしらえ。いざリニューアルしたばかりの歌舞伎座に向かい、日本の伝統芸を鑑賞。すると気付けば、あなたは完璧な大和なでしこ。元気が出るステキ体験になるかも。

歌舞伎座のメーンロビー、鮮やかなじゅうたんの上を様々な装いの人が行き交う(東京・銀座)=写真 小川望

劇場近くに和服のレンタル・着付け店

4月に新開場した歌舞伎座(東京・銀座)では、この1年間こけら落とし公演が続く。入り口と劇場をつなぐ赤いじゅうたんを歩く女性は、普段の公演よりも少しおめかし気味だ。着物を新調したという古くからのファンや、20~40代の女性グループが目立つ。

松下由紀子さん(28)はピンク色の着物姿で友人2人と観劇にきた。「帯を巻くと気持ちが明るくなる。舞台の一員になれた気がするし、和服を上手に着こなす人が多くて勉強になる」と話す。

歌舞伎会場はまさに和の空間。着物デビューのチャンスでもある。歌舞伎座や新橋演舞場(東京・銀座)、大阪松竹座(大阪市)など公演劇場の近くには和服をレンタル・着付けしてくれる専門店が多い。店や着物の種類にもよるが、一回2万~3万円程度が目安。少しぜいたくだが、晴れの日気分を味わえる。

劇場に向かう前は、まず町歩きを楽しみたい。周辺には和菓子店やお土産屋が並ぶ。歌舞伎座の地下には「木挽(こびき)町広場」が3月にオープンし、手拭いやあぶらとり紙、草履など小物が集められていて楽しい。

注目記事