ヘルスUP

病気・医療

ピロリ菌、除菌治療後も要注意 残る胃がんリスク 内視鏡で定期検査を

2013/5/18 日本経済新聞 夕刊

胃がんの原因となるピロリ菌の除菌治療を医師に相談する患者が増えている。2月には保険適用となる対象が胃炎にも広がり、内視鏡検査をして対象者が治療を受けている。大人になれば新たに感染することはほぼなく、一度きちんと治療すれば効果は大きい。ただ胃がんリスクは残るため、その後の検査が欠かせないので注意が必要だ。

50代のTさんはほかの病気の検査で内視鏡検査を受けると、胃の萎縮が見つかった。振り返ってみれば10年以上前、会社の健診で慢性胃炎を指摘されたがたいした病気ではないと放っていた。十二指腸潰瘍になった経験もあった。医師に相談して検査を受けるとピロリ菌が見つかり、除菌治療を受けた。今は定期的に内視鏡検査をしている。

■国内感染者3500万人

ピロリ菌は胃の中に住み着く細菌。正式には「ヘリコバクター・ピロリ」という。胃壁には粘膜があり、その上を粘液が覆っているが、ピロリ菌はその粘液の中に住み着く。胃液によって排除されない環境で長く住み着き、毒素を出して胃の粘膜を壊して炎症を起こす。これが慢性胃炎になり、胃がんにつながる。

国内の感染者は推定3500万人。このうち毎年0.5%が胃がんを発症するといわれる。胃がんは毎年5万人亡くなり、がんでは死亡者数で肺がんに次ぐ2位。ピロリ菌が原因とみられるのは95%以上とほとんどを占める。

感染者のほとんどは50歳以上。日本の上下水道の整備が不十分で衛生状態の悪いときにピロリ菌に感染した。新たに感染するのは5歳以下の乳幼児期。胃酸の分泌が低く、胃の粘膜が十分に発達していないためだ。親による食べ物の「口移し」などによるとみられる。

ピロリ菌の除菌治療の保険対象はこれまでは胃潰瘍や十二指腸潰瘍など5疾患だった。厚生労働省は胃がんとの関係を重くみて、新たに「ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎」という病名を定めて、今年2月から保険の対象とした。除菌すれば胃がん発生率は3分の1に減るといわれ、その効果を期待したわけだ。

保険適用となるには内視鏡検査を受けて、胃炎を確認することが必要だ。その際、炎症や粘液の特徴などからピロリ菌の感染の疑いが大体分かり、感染の有無を調べる専門の検査を受ける。東海大学の高木敦司教授は「ピロリ菌検査だけでは早期胃がんを見逃す。内視鏡検査との2段階でやる必要性がある」と指摘する。

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL