ネット選挙解禁 政治情報サイトで納得の1票政党選びの手助け、献金も

7月の参院選から政治家や政党によるインターネットでの選挙活動が解禁され、政治関連のネット情報に目を向ける機会が増えそうだ。ネット上には政治や選挙関連の情報を伝えるウェブサイトが目白押し。政治家の経歴や政治ニュースを紹介するものから、質問に答えると利用者の考え方に近い政党がみつかるといったものまで幅広い。うまく使って1票の投じ方を考えてはどうだろう。

ヤフーの政治関連情報サイト「Yahoo!みんなの政治」

「政治は大事と分かっているけど難しくてとっつきにくい」。こんな苦手意識の克服にはヤフーの「Yahoo!みんなの政治」がおすすめ。代表的な政治情報サイトだ。重要な政治課題ごとに特集ページを設け、かみ砕いて説明してくれる。

例えば参院選の争点に浮上した憲法96条の見直し問題。憲法改正の手順を図解入りで紹介し、96条がその手続きを定めていることを説明。その上で96条の見直しをめぐる各党の考えの違いを分かりやすく示す。

0増5減、普天間基地、出生前診断――。よく耳にする政治的な論点も、このサイトに目を通せば頭に入る。

■世論調査を実施

政治情報の総合サイト「政治山」は自前で世論調査を実施する。「4島一括返還、歯舞と色丹の先行返還、4島共同統治……。あなたが望む北方領土交渉の進め方は?」。安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領が首脳会談を開催した4月末、政治山はこの質問をトップページに表示した。サイトを閲覧する個人から回答を募り、集計して公表する。

同サイトを運営するパイプドビッツは、人気アイドルグループ「AKB48」の選抜総選挙の運営も手がける顧客情報管理ソフト会社。集計結果を分析するノウハウを生かし、年代別などの結果分析も掲載している。

政治家や政党のブログやミニブログ「ツイッター」を紹介するサイトも多い。ファイコンセプト(東京・中央、児島一伸社長)の「政治ったー」は議員や候補者、政党など400近くのツイッターを束ねる。クリック1つで見たいツイッターの画面に移動する。フォロワー数などからそれぞれのツイッターの影響力を算出しているのも特徴だ。

MONO TRENDY連載記事一覧