くらし&ハウス

暮らしの知恵

汗染み・体臭・メーク崩れ… 汗対策の基礎知識

2013/5/9 日本経済新聞 プラスワン

気温の上昇とともに、汗をかくことが多くなった。近年は暑い日が増えたうえ、節電対策から冷房の設定温度も高めになり、春から夏にかけて、以前より多く汗をかいている人もいるだろう。汗染み、体臭、メークの崩れと、職場や外出先での視線も気になる。汗対策の基本を専門家に聞いた。

汗はとかく嫌われがちだが「汗には体温調節という大切な役割がある。汗をかきたくないからと水分摂取を控えたり、冷房を効かせた部屋で暮らしていると、汗腺の機能が弱まり、熱中症などのトラブルが起こりやすくなる」。四谷三丁目皮膚科(東京都新宿区)の医師、山田美奈さんはこう話す。

ただし、汗は放置するとべたついて不快感が増す。「刺激で肌がかぶれたり、毛穴が詰まってにきびが悪化したりすることもある」(山田さん)。汗そのものは無臭だが、皮膚には常在菌があり、汗に含まれるタンパク質や脂質などを分解する。それが独特の臭いを発生させる。

汗対策の基本は、汗を放置しないこと。顔や体の汗は湿らせたタオルや市販の拭き取りシートでこまめに拭き取ろう。「冷房による乾燥や紫外線による刺激で、夏の肌は意外とデリケートになっている。ゴシゴシとこすり過ぎないこと、湿り気のあるもので拭くことが大切」(山田さん)

制汗剤も有効だ。制汗剤には「パウダーで汗を吸着してべたつきを抑える」「殺菌成分で菌の繁殖を抑える」「肌をクールダウンさせる」などの効果がある。資生堂広報部の鈴木玄洋さんは「外出前には体臭予防として殺菌成分を配合した制汗剤をつける。外出先では携帯しやすいシートタイプでこまめに拭き取る。体の部位やシーンによって使い分けると効果的」と話す。

香水などの香りで汗の臭いをごまかそうとするのは厳禁だという。香料と体臭が混じり合って、不快な臭いに変化する恐れがある。

◇            ◇

下着も効果的だ。男性は「暑いし、着心地が悪い」と下着を敬遠しがち。ただ素肌にワイシャツを着ると、汗でペタリとくっついて中が透けて見えたり、汗染みや臭いが強調されてしまったりする。

「シャツと肌との間に機能性下着を挟むことで、汗を素早く吸収し、拡散して乾かすことができる」とユニクロの担当者は話す。最近の機能性下着は、菌の繁殖を抑える抗菌防臭、臭いを吸着して分解する消臭、触るとひんやり感じる接触冷感など、ハイテク機能が満載だ。肌触りやフィット感も向上している。

くらし&ハウス 新着記事

ALL CHANNEL