ペットの体調管理、アプリで楽々 体重や通院を記録

何かとストレスにさらされやすい現代人に安らぎを与えてくれるペット。家族同様に過ごしていれば体調や体の異変は気になるところ。健康維持に役立つスマートフォン(スマホ)のアプリを使えば、体重や通院の記録などが手軽にできる。日ごろから体調管理に気をつければ、病気の予防にもなりそうだ。

ペットの健康管理にスマホのアプリを活用(千葉県柏市)

千葉県柏市の田中恵理子さん(31)は、結婚前から犬を2匹飼っている。夫婦の歴史をともに歩んできた存在として「本当の子どものように大切な家族」。ことのほか犬の体調管理に気を配る。

Graceful Gardenが提供するアプリ「ペットケア」に名前や誕生日、通院メモなど基本情報を登録。日々の体重も入力して、その増減をグラフで確認している。「単純な数字だけではなく、一目見て分かりやすいので助かる」と声を弾ませる。スマホは常に持ち歩いているので、記録忘れを防ぐことにも役立っているという。

■病状・投薬の備忘録に

ペットフード協会(東京・千代田)によると、2012年の犬と猫の平均寿命はそれぞれ約14歳と高齢化する傾向にあるという。室内で飼う家庭が増えて異常があれば気づきやすくなったほか、医療技術の進展が影響しているようだ。

年齢とともに、予防接種の時期など多様な記録を管理する必要性が強まる。ペットを動物病院に連れて行く際にも「スマホに記録していれば、いつ、どういう状態だったか正確に獣医師に伝えられる」(田中さん)。これまでは病院の領収書を一定期間保管する必要があったという。

体重管理には食べる量の把握も欠かせない。新日本カレンダー(大阪市)のアプリ「わんこ手帳」は、朝、昼、夜の時間帯ごとに食べた量に応じたカロリーと、1日当たりの推奨カロリーを比較できる。投薬や通院予定などを記録することも可能。

MONO TRENDY連載記事一覧