「ノマドワーカー」体験 5日間でわかったこと…喫茶・専用カフェ・図書館で仕事

最近、カフェや図書館にパソコンを持ち込んで仕事をする人が増えた。「ノマド(遊牧民)ワーカー」ともいうようだ。外での仕事は集中力を高めるという噂も聞く。外で働くメリットは何か。自分にもそんな働き方ができるのか。思い切って会社の外で、仕事をしてみた。

記者(38)が5日間、社外で仕事し、集中力を検証しようと考えた。まずノマド成功のコツを調べた。約15年のノマド歴を持つ「『どこでもオフィス』仕事術」の著者、中谷健一さんからは「仕事は1時間程度など短く区切るといい」と助言された。「社外の仕事の最大の効果は場所を変えて気分転換し、集中力を高めること。ダラダラやると逆効果だ」という。

場所探しはインターネットを活用した。例えば「電源カフェ」というサイト。外での仕事向けにパソコン用電源を提供する東京や一部政令市の約1000店を無料で紹介する。運営者の林大勇さんは「複数の候補地を見つけておくといい」と教えてくれた。仕事内容で使い分けたり、満席時にすぐ別の場所へ移ったりできるからだ。

助言を参考に1時間単位で、喫茶店、ノマド特化型カフェ、図書館など電源が確保できる複数の場所で体験することにした。外で仕事をする際は、上司の了承が必要な会社も多い。今回は資料読みなど単純な事務作業と、今後の記事の企画立案をしてみる。

電源確保では どこも困らず

初日、東京都内の東急沿線に住む記者は、まず渋谷で「喫茶室ルノアール」へ。同チェーンは電源をほぼ全店に設置している。「電源を」と話すと店員は慣れた様子で案内してくれた。560円のアイスコーヒーを注文し、資料を読む。最初は人目が気になったが、終了時間が迫るにつれて集中力は高まった。

次は原宿のノマド特化型カフェ「ザ・ターミナル」に向かった。入会料150円を払う登録が必要で、料金は時間制(1時間380円~)。机や椅子はパソコン使用に向く広さと高さで、資料読みははかどった。中谷さんによれば「ノマド専用スペースも最近は数が増えている」。

午後は日比谷図書文化館(東京都千代田区)へ。18ある電源席は窓口で申請し空席があれば原則2時間使える。少し前はパソコン使用禁止の図書館も目立ったが「最近は電源を提供する図書館が増える傾向にある」(日本図書館協会)。

図書館は最も静かだが昼食後の静寂は眠気を誘う。この日初めて集中力低下を感じた。ただ初日トータルではA4用紙12枚の資料読みと、その要約作成という予定業務を完了。「1時間」を常に意識することで社内より集中でき、作業速度が上がる手応えを得た。