糖尿病治療、初期に教育入院 食事や運動法を指導日経実力病院調査2012

糖尿病の患者は推定で約890万人、予備軍も含めると約2210万人に上る。血糖値を下げるインスリンを分泌できない「1型」を除くと、ほとんどが生活習慣の乱れによる「2型」だ。日本経済新聞社の実力病院調査によると、2型の治療では、食事、運動、薬物の各療法を学ばせる「教育入院」や、眼科などと連携して関連疾患の予防に力を入れる取り組みが目立った。

今回の調査で「手術なし」は教育入院、「手術あり」は人工透析を伴う入院患者が中心となる。2011年4月から12年3月に「手術なし」が456例と全国で2番目に多かった関西電力病院(大阪市福島区)。糖尿病の専門医と管理栄養士、理学療法士らが連携して患者の生活習慣の見直しを指導している。

カンバセーションマップを使い糖尿病の仕組みを学ぶ(大阪市福島区)

今月中旬、同病院に教育入院した男性は「近所の診療所でたまたま血液検査をしたところ、血糖が異常に高く糖尿病だと分かった。『即入院が必要』と言われて驚いた」と話す。目がぼやける感じはあったものの、糖尿病という自覚がなく食事などの節制は全くしていなかったという。

男性は、治療に大切な自己管理(療養)を指導する療養指導士が病院内で開く教育講座に参加。指導士は机の上に糖尿病になる仕組みを分かりやすいイラストで描いた「カンバセーションマップ」を広げ、机を囲んで座った患者らと対話しながら、糖尿病にはインスリンが十分にできない状態と、インスリンが効きにくい状態があることなどを説明した。

教育入院は短期間の2泊3日が中心。同病院では10人以下の少人数の講座で、管理栄養士が筋肉を作るための食事、理学療法士がゴムチューブを用いた筋力トレーニングなども指導している。

糖尿病が専門の清野裕院長は「初期の患者には食事の取り方、運動方法、そして合併症などを短期の入院で徹底的に教える」と話す。その後は患者が通院しやすい地域の診療所などで治療を続ける。数カ月に一度、合併症の検査などで同病院に来院してもらい、「糖尿病連携手帳」で患者の情報を共有している。

清野院長によると、2型の患者の薬物療法では「インクレチン関連薬」が主流という。膵臓(すいぞう)のβ細胞に働き掛けて、血糖値を下げるインスリンの分泌を促す。血糖値上昇時のみインスリンの分泌を促すため、低血糖が起きにくい。

特に錠剤の「DPP―4阻害薬」は継続して服用しやすく、清野院長は「軽度な患者にとっては第一選択となるだろう」と高く評価する。重度の患者には、注射による「GLP―1受容体作動薬」で食欲減退の効果も期待できるという。

インクレチン関連薬以外では、3月に発売されたインスリン製剤「デグルデク」(一般名)が1日1回の注射で24時間の効果が期待できる。安定して効き、夜間に起きやすい重症の低血糖になりにくい。

清野院長は「初期に大量のインスリンを注射する強化療法もある」と話す。2~3カ月間、1日にインスリンを複数回打って血糖値を下げると、膵臓のβ細胞の環境が改善されてインスリンの分泌機能が回復することもあるからだ。「血糖が下がれば経口薬や1日1度のインスリン療法に切り替えられる場合が多い」(清野院長)という。