くらし&ハウス

暮らしの知恵

韓国ではつぎ足しはNG 「仕事力」上げる酒席マナー

2013/3/14 日本経済新聞 プラスワン

おいしいお酒や料理を囲みながら、人間関係を深め合う酒席。楽しい場であると同時に、いろいろな力を試される席でもある。作法を守って楽しく会話し、相手を尊重して思いやる気持ちも持ちたい。歓送迎会の多い時期でもあり、国内や海外の酒席のマナーをまとめた。

ビジネスの酒席にはいくつかタブーがある。トータルフードプロデューサーの小倉朋子さんがまず挙げるのは「目上の人に手酌させること」。

「自分のペースでやるからいいよ」と言われたら「ありがとうございます。1杯だけつがせてください」と断り、最初はともかくお酌をするといいだろう。

「今日は無礼講で」と言われても、礼儀知らずになってはいけない。敬語で話すのはもちろん、相手を不快にする話題、たとえば愚痴や陰口、下ネタを持ち出すのはもってのほかだ。最悪なのは周りのペースを無視して深酒すること。悪酔いしないよう、水を飲みつつ楽しんでもいい。

入り口から見て一番奥の上座は、目上の人の席だ。和室では床の間の前、長いテーブルでは中央が上座に当たる。ただ職場の飲み会などでは、遅れてきた上司が入り口付近に座る場合もある。「自分が奥にいるときは、黙って座っていないで一言わびて」(小倉さん)

正式な宴会では立ち上がって乾杯するが、通常は座ったままでよい。ただし杯を重ねてよいのはビールジョッキだけ。ワイングラスなど壊れやすいものは、目の高さにグラスを上げて目礼する。向こうから重ねてきたら、音を立てないようそっと合わせよう。

◇            ◇

日本酒をつぐときは、片手でとっくり(お銚子=ちょうし)の中央のあたりを持ち、もう片方の手を下に添える。ビール瓶も同様だ。ラベルが上になるように持とう。日本酒の場合、つがれる側はおちょこを持って受ける。女性は片方の手を底に添えるときれいだ。

ワインはソムリエなどについでもらう。このとき、グラスはテーブルに乗せたまま。手は添えない。

酒席のトラブル対策も心得たい。誰かが悪酔いしたら水を差し出し「涼しい場所で一息入れましょう」と室外で休んでもらう。

セクハラに遭いそうになったら明るく、しかしきっぱり拒絶を。「ちょっと化粧室へ」とその場を去り、戻ったら席を変えるのも一策だ。

くらし&ハウス 新着記事

ALL CHANNEL