新橋演舞場3月花形歌舞伎世代交代への意欲みなぎる

歌舞伎座に代わって3年間、櫓(やぐら)を掲げてきた新橋演舞場のラストラン公演は染五郎、菊之助、松緑ら次代を担う花形たちがアンカーを勤める。新しい歌舞伎座の開場が、取りも直さず世代交代への序幕であることを自覚しての意欲と気迫が感じられる。

中でも、今日の力量を高いレベルで示したのは菊之助のお三輪、松緑の鱶(ふか)七による「妹背山・御殿」。菊之助は終始、一途(いちず)な娘心を性根に置いて、疑着(ぎちゃく)の相が醜い嫉妬でなく無償の愛に通じるものとして演じて成功。松緑も多少の破綻に拘泥せず、骨太に演じきって素朴な味わいを出した。亀三郎の求女(もとめ)は色気の薄さを難じるよりも素直さと品格を認めよう。尾上右近の橘姫は赤姫の品がある。蘇我入鹿役のベテラン彦三郎が甲に届く見事な声を聞かせる。

丸本物を2本立てた好企画のもう1本は染五郎の「一條大蔵譚(ものがたり)」。正気と作り阿呆(あほう)の変わり目の奥にある哀感をのぞかせたのを評価する。松緑の鬼次郎、壱(かず)太郎のお京は脇の役であるという法(のり)をしっかりと守っていることが得点になる。芝雀が常盤、錦吾が八剣勘解由、吉弥が鳴瀬とベテランが脇を締め、舞台を大きくしている。

松緑が長谷川伸の昭和歌舞伎「暗闇の丑(うし)松」。今月の松緑は祖父から父への当たり役ぞろいで、どれも良く勤めている。梅枝がお米を神妙に演じながら、おとなしいだけの人間に終わっていない。萬次郎のお熊は今や自在の境地。団蔵の四郎兵衛、高麗蔵のお今、橘太郎の妓夫(ぎゅう)など、ここでもベテラン勢が芝居の厚みを示している。

染五郎と菊之助の「二人椀久」は、歌舞伎座不在の間に物故した2人の長老、富十郎と雀右衛門の傑作に挑み、ただのなぞりに終わっていない。26日まで。

(演劇評論家 上村 以和於)