MONO TRENDY

デジタルライフ

SNSで一味違う旅 現地の人や仲間と楽しく 珍スポット探しも

2013/2/8 日本経済新聞 夕刊

地元の人に案内してもらい隠れた名店を訪ねたり、同じ趣味の人が集まって旅をしたり――。SNS(交流サイト)の仕組みを使い、一味違った旅行を楽しめるネットサービスやスマートフォン(スマホ)のアプリが登場している。定番のツアーや観光スポットに飽き足らない人の人気を集めている。

「ジョンソンスペースセンターで宇宙を感じよう!」「世界最高の音楽フェスティバルですが、チケットとコテージの確保が難しかった。興味のある人参加しませんか」

■SNSでツアー企画

「ミートリップ」を活用する留学生のビュークリさん

JTBが昨年9月に始めた旅行サイト「共感トラベラー」は利用者がSNSを使って海外旅行商品を企画できるサービスだ。旅行SNSを運営するトリッピース(東京・渋谷、石田言行最高経営責任者=CEO)が運営で協力。一定の参加者が集まるとJTBがツアーを催す。

安全性を保つため、実名制のフェイスブックでのログインを必須にした。利用者が興味のある旅の参加希望ボタンを押すとフェイスブックに登録したプロフィル画像が掲載される。利用者はサイト上で企画のタイトルと内容、イメージ写真などを投稿。サイトを閲覧している人は参加意思を表明し、日程や予算の希望を書き込む仕組みだ。

「地元の人しか知らない店に行けておもしろかった」というのは、国際基督教大学の留学生、グレイス・ビュークリさん(20)。現地の人が地元を案内する「Meetrip(ミートリップ)」という有料ネットサービスを使い、渋谷の回転ずしや浅草見物を楽しんだ。

同サービスはサイトにログインすると、ガイド役の自己紹介や案内時間、料金などが表示される。利用者は気に入ったガイド役の人にメッセージを送り、双方で待ち合わせ場所や時間を決め、案内してもらう。

ネットベンチャーのダックダイブ(東京・渋谷)が昨年9月に開始。現在、日本では沖縄や京都など4都市、海外ではホーチミンや台北など計9カ所を対象にしている。サイトは英語が基本で、利用者・ガイドとも約3割が日本人という。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
大手ジムが「有料オンラインレッスン」に注力する理
日経クロストレンド
アップル、4年半越し悲願 腕時計「常時点灯」の真意
日経クロストレンド
ANAも参入 「5G+分身ロボット」でビジネス変革
日経クロストレンド
花王が洗顔シートで王者を逆転 敵の弱点を徹底訴求
ALL CHANNEL