働き方・学び方

イチからわかる

日米同盟 なぜ大事なの?

2013/1/23 日本経済新聞 朝刊

イチ子お姉さん 安倍晋三(あべしんぞう)首相が「日本とアメリカの信頼関係(しんらいかんけい)を再構築する」って言ってるわ。2月にもアメリカを訪ね、オバマ大統領(だいとうりょう)と会うそうよ。
からすけ よほど大切にしたい相手なんだね。でも、もともと仲のいい国同士じゃなかったっけ? どうして関係を立て直す必要があるのかな?

■東アジアの平和を保つ

イチ子 民主党が政権(せいけん)を担当(たんとう)していたときに、沖縄県にあるアメリカ軍基地(きち)の移設(いせつ)問題を巡(めぐ)って関係が冷え込んだのよ。

からすけ どういうこと?

イチ子 1996年に住宅地に近く、騒音(そうおん)や危険(きけん)が大きい普天間(ふてんま)基地を日本に返すことで自民党政権だった当時の日本とアメリカが合意。代わりに同じ県内に新しい基地をつくる約束をしたの。それを2009年に「最低でも県外に移設する」と言ったのが民主党の鳩山由紀夫(はとやまゆきお)元首相。でも実現(じつげん)できず、沖縄の人の怒りを買って計画が進まなくなったの。約束を破(やぶ)られたアメリカの信頼も損(そこ)ねたのよ。

からすけ 鳩山さんの発言がきっかけだったんだね。

イチ子 沖縄には日本にあるアメリカ軍施設(しせつ)の74%が集中しているの。アメリカ兵による事件も多く、地元の大きな反発があるけど、政権を取り戻した自民党の安倍首相は県内移設で地元の理解を得ようと動き出したわね。

からすけ なぜ日本にアメリカ軍の基地があるの?

イチ子 1945年に日本は第2次世界大戦で負け、アメリカ中心の連合国(れんごうこく)軍に占領(せんりょう)されたの。その後、51年に当時の吉田茂(よしだしげる)首相がサンフランシスコ講和条約(こうわじょうやく)に調印(ちょういん)して独立を回復(かいふく)したわ。ただ当時はアメリカ中心の資本主義(しほんしゅぎ)国とソ連中心の共産(きょうさん)主義国が対立していた冷戦時代。隣国(りんごく)のソ連に取り込まれないようアメリカ軍がそのまま日本にとどまる仕組みを同時につくったの。それが日米安全保障(にちべいあんぜんほしょう)条約で、両国は同盟(どうめい)を結んだの。

働き方・学び方 新着記事

ALL CHANNEL