対策ソフトでも不完全 ウイルス感染、予防の鉄則

普通にパソコンを使っていた人が、インターネット犯罪者として誤認逮捕された。パソコンがコンピューターウイルスに感染して真犯人に乗っ取られ、犯罪予告などの書き込みに悪用されたのだ。ウイルス対策ソフトを使っていてもこうした被害は防ぎきれないが、危険を減らすことはできる。

ウイルスの防御にウイルス対策ソフトは役立つ。ただ対策ソフトは利用できる期間が過ぎたら、継続利用に費用がかかることが多い。ウイルス情報は日々変わるので、常に対応が必要だからだ。

無料の対策ソフトもある。ウィンドウズ用なら開発元のマイクロソフトが「セキュリティー・エッセンシャルズ」という対策ソフトを自社のホームページで無料配布している。市販品に比べて大きく機能が劣ることはない。

問題はどのウイルス対策ソフトを使っていても、ウイルスを完全には防ぎきれないことだ。利用者はできるだけの対策をして、危険を少しでも減らしておきたい。

ウイルスの被害を受けないように、まずは「トロイの木馬」という、人をだます感染手法を理解しておこう。

トロイの木馬はギリシャ神話に由来する。難攻不落の城壁都市トロイを攻略するために、兵を忍ばせた巨大な木馬が城門前に置かれた。トロイの人々は奇妙な木馬に興味を持ち城内に入れたところ、夜間、中から敵兵が出てトロイは征服された。だまして忍び込むのがトロイの木馬だ。

トロイの木馬タイプのウイルスも、見た目は役立つソフトや面白いソフトに偽装している。だまされてインストールすると、潜んでいるウイルスがパソコンに侵入してくる。パソコン使用者が侵入を認めてしまえば、ウイルス対策ソフトでも防ぎきれない。

鉄則は、便利そうなソフトでも、開発元がはっきりわからなければインストールしてはいけない、ということだ。今回の事件でもパソコンを遠隔操作したウイルスは、多くの人の目につくインターネットの掲示板で配布された。

MONO TRENDY連載記事一覧