全部で105種も 困った外来生物の困った生態とは

イチ子お姉さん 海外から日本に持ち込(こ)まれた「外来生物(がいらいせいぶつ)」の被害(ひがい)を食い止めるために、環境省(かんきょうしょう)が空港や港での検査(けんさ)に力を入れるみたいよ。
からすけ 外来生物といえば、毒(どく)を持つセアカゴケグモが西日本で見つかって騒(さわ)ぎになったよね。外来生物が増(ふ)えると困(こま)ることが多いのかな?

農漁業に被害、生態系壊す

イチ子 日本にいる外来生物は野外に生息しているだけで約2000種(しゅ)いるといわれてるわ。明治時代以降(いこう)に持ち込まれた生物が対象(たいしょう)で、渡(わた)り鳥(どり)や海流にのってきた魚など自然の力で来たものは外来生物とはいわないの。池や川で見かけるアメリカザリガニやミドリガメも外来生物よ。

からすけ 身近にいるね。

イチ子 ただ、全ての外来生物が問題になっているわけではないの。入ってきた外来生物のうち、環境になじんで定着(ていちゃく)するのは10分の1、その中でも危険(きけん)な生物は10分の1程度(ていど)といわれてるわ。危険な生物のうち、特に深刻(しんこく)な被害を及(およ)ぼすものは法律(ほうりつ)で「特定外来生物」に指定されてるの。哺乳類(ほにゅうるい)、爬虫(はちゅう)類、鳥、魚、カエル、昆虫(こんちゅう)、植物など現在(げんざい)105種が指定され、飼育(しいく)・栽培や輸入(ゆにゅう)、野外に放つことなどが禁(きん)じられているわ。

からすけ どんな生物が指定されてるの?

イチ子 セアカゴケグモやどう猛(もう)で人にかみつくカミツキガメなど直接(ちょくせつ)人間に被害を及ぼす生物もいるわ。トウモロコシやイチゴを食べてしまうアライグマや湖にすむほかの魚を食べるブラックバスなど農漁業(のうぎょぎょう)に被害を及ぼす生物もいるわね。

注目記事
次のページ
駆除、自治体を中心に
今こそ始める学び特集