日本メーカーの技術が海外企業に狙われてる?

からすけ 鉄をつくっている日本と韓国(かんこく)の会社同士が裁判(さいばん)をしているんだって。「技術流出」が原因(げんいん)だと言っていたけれど、どういうこと?
イチ子お姉さん 日本の会社が「重要(じゅうよう)技術を韓国の会社に盗(ぬす)まれた」と訴(うった)えたわ。他がまねできないモノの作り方が知られたら、会社の力が弱まるの。

製品マネされれば痛手

からすけ 競争相手(きょうそうあいて)に知られると、なぜ会社の力が弱くなるのかな?

イチ子 長い間研究を重ねて生まれた製品(せいひん)を作る技術が競争相手の会社に知られたら、まねされてしまうわ。今までは「あの会社にしかできないから」と任(まか)されていた仕事も「同じものが安くできるから」と競争相手に注文がいってしまうかもしれないの。そうなると会社の売り上げが減(へ)って困(こま)るわ。今回は電力機器に使われる高い性能(せいのう)を持つ鉄鋼製品(てっこうせいひん)の技術が盗まれたとして裁判になったの。

からすけ 秘密(ひみつ)が漏(も)れることってよくあるの?

イチ子 経済産業省(けいざいさんぎょうしょう)が1万社を対象(たいしょう)にした調査(ちょうさ)の結果(けっか)を10月に発表したわ。過去(かこ)5年で「重要な技術が漏れたと思われる」と答えた会社の割合(わりあい)は大メーカーで5%、中小メーカーで2%あったの。会社を辞(や)めた人から競争相手の会社に伝わることが多いそうよ。もちろん大切な技術は国内の限(かぎ)られた人たちや工場で守っているけれど、今は世界中の会社が新製品をどれだけ早く安く作るかを競争していて、日本の進んだ技術をほしがる会社も多いの。

注目記事
次のページ
退職後も秘密守る約束
今こそ始める学び特集